どうしてもカードローン返済が出来ない時はどうすればいい?

カードローンの返済額は利用額が少なければ少額ですが、利用額が増加すると当然ながら返済額も多額になります。
利用額が多額になるような時は、自分の懐具合が厳しいときと重なることが多いので、同時に毎月の支払ができなくなることも珍しくありません。
しかし、アコムを含め、大体の消費者金融は支払できない人に対し、甘い対応は取りません。
もっとも、最初の対応次第ではずいぶんと融通を効かせてくれます。
最悪のパターンは、支払日に無断で支払を遅らせた挙句、督促の電話なども無視しているケースです。
このような場合、消費者金融は一番厳しい対応を取ります。
早々に督促状を送付し、裁判所への訴訟と差押を実行します。
そして勤務先へ給料の差押をするだけではなく、取引銀行への口座残高差押も実行します。
給料の差押は、勤務先に迷惑がかかるだけではなく、自分の信用も落としますからダメージは甚大です。
これに対し、今月はちょっとヤバいかなと感じたら早めに消費者金融へ連絡をすれば、対応はずいぶん柔軟になります。
この際、いつまでなら確実に支払ができるか、又は分割ならこのような計画でできるという予定を説明する必要があります。
もちろん、その予定は確実に支払ができる計画である必要がありますが、この計画についても相談すれば、消費者金融の担当者がアドバイスしてくれます。
実際に支払が期日通りできれば、それでいいわけですから、危ないと思ったらすぐに相談することが第一です。
返済が滞ることは好ましくありませんが、万が一滞るような羽目に陥った場合でも、対応か適切なら消費者金融側も「怖い」対応にはなりません。
しかし、滞る可能性が生じ、消費者金融に相談するようなことにならないようにすることが大切です。

アコムやプロミスはCM等で見ているとメジャーで気軽な印象を受けますが、あくまで消費者金融ですので、返済できない場合は大変になってきますので、借入する際はやはり計画的に行いたいものです。

そして最終的にどうしても返済ができないままであればどうなるのか?

やはり自己破産等の債務整理をするしかないでしょう。自己破産と言ってもマイナス面は5~10年位の間、クレジットカードが持てない、借入などができないくらいで、誰にもバレませんし、普通に生活ができます。言ってみれば国が認めた借金をチャラにする方法であるとも言われています。もちろんしないに越した事はありませんが、自殺を考えてしまうほどに追いつめられるよりはこちらをお勧めします。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ