アコムのカードローン審査基準って?

消費者金融であるアコムから借入する際には、必ず審査に通過しなければいけません。

このカードローン審査に受かるためには、事前にしっかりと申込準備をするようにしましょう。

アコムは消費者金融の中でも一番の大手の会社ですが、「貸付条件表」に明確な審査基準となる項目があります。

その中に、アコムの貸付対象者は、「20歳以上の安定した収入と返済能力があり、当社の基準を満たす者」とされています。さらに、ホームページによると、対象者は69歳以下となっており、たとえ安定した高収入の人でも70歳以上の場合は借入不可となるので注意してください。

基準と記されている「安定した収入と返済能力」については、勤務形態の指定はないので、アルバイト・パート・派遣社員の方でも借入申込可能です。安定した収入さえ見込めれば、勤務形態に関係せず、審査を通過できるかもしれません。

アコムにおいて審査を通過するために最も大事といえるポイントとして、継続的な収入が挙げられますが、「本人が仕事をして得た収入」とされているため、無職者、年金受給者、専業主婦などは融資を受けることは不可能です。

言うまでもありませんが、パチンコや競馬での収入は、ここで言う安定収入ではありません。

基本的に、属性が自営業や個人事業の場合は、サラリーマンに比べて審査通過率が低いとされています。
また、一定した安定収入があっても、自営業であったりフリーランス等の個人事業である場合は審査に通りにくい傾向にあり、300万円から400万円の高い収入のある人でさえ、落ちる可能性があるようです。

審査では、返済計画書や事業計画書を提出しなければならない事も多くく、給与取得者よりも審査基準が高いというのが現状です。

原則として、信頼性のある会社に勤めている方が、自営業に比べて属性も良く、返済能力があると認めてもらいやすいからです。
反対に、在籍確認がしっかり取れれば、入社したばっかりで今の収入が高くなくても審査に受かる場合が多いです。

また、貸金業法で総量規制が設けられているため、いま現在、もう既に他社から収入の3分の1以上借入している人は、今回の審査には最初から通らないようになっています。

審査に受からないのはどのような場合でしょうか。
収入が非常に高く、長く勤務している人であっても審査不可となってしまう事があります。

こういった場合、考えられる可能性としては何らかの過去の事故情報が信用情報機関に載っていることが原因かもしれません。もしこのような状況に陥ってしまったら、消費者金融機関が利用している情報機関であるCICやJICに自分の情報を問い合わせてみるとハッキリするでしょう。ネットからカンタンに1000円前後で調べる事ができるので便利です。

もし載ってしまっていた場合、返済事故として「民事再生や任意整理のような債務整理の経験」または、「3カ月以上の返済延滞の経験」などであれば、暫くは新たな審査に通過するのは大変困難でしょう。

さらに、短い期間で3社から4社の金融業者に対して借入の申込をしている場合「申込ブラック」となり、審査する以前に問答無用で落とされます。

こういった点は個人個人によってかなり違いが出てくるので気を付けたいポイントですね。

 

最後にアコムの審査基準を以下に簡潔にまとめてみましょう。

アコムの審査基準って?

・年齢

まずは年齢。ホームページでも確認できますが、20歳以上69歳以下となっています。20歳未満だと収入があっても審査を通過することが出来ません。

・安定収入
次に最も重要なのが安定収入の有無です。安定収入が無ければ、年齢に当てはまったとしても審査は通過出来ません。

※安定収入に当てはまらない場合とは?
ここで、安定収入に当てはまらない例を示します。

・年金
年金は毎月安定して一定の金額を受け取ることが出来ますが、収入減が年金だけだと審査の対象外となります。

・世帯収入
専業主婦の方は、本人の収入はなくても夫の収入があり、これは一定の安定した収入と言えるでしょう。しかし、収入は「本人の得るもの」とされているため、対象外となります。なので、アコムの審査に専業主婦の方が受けることは困難でしょう。

・就職内定
就職が内定している方の中には、今後の安定収入が見込める為、審査基準を突破していると考える方もいるかもしれませんが、内定だけで通過することはほとんどありません。しかし、アルバイトなどで安定した収入がある場合は通過出来る可能性があります。

上記の様に、審査を通過できない条件はそんなに多いわけではありませんが、年金受給だけや無職の場合は通過することが出来ません。

ですが、アルバイトやパートのように正社員でない人でも、「勤務していて本人の安定した収入がある」という場合は、アコムの審査を申込む資格があると捉えて良いでしょう。

もし、これまでに勤務形態で審査を通過出来なかった事がある場合は、アコムで申込するのも良いかもしれません。

このページの先頭へ