カードローン・キャッシング審査における勤続年数の影響は?

アコムやプロミスなど大手有名の消費者金融からお金を借りる際、当然審査がありますが、この審査では勤続年数が大きな位置を占めています。
勤続年数が長い人は、会社から信用されており、給与を継続的にもらうことがてきるであろうと考えられるためです。
金融機関の融資審査は、融資の多くが無担保融資であることから、その返済原資は契約者の給与収入です。
実際に働いているかどうかは、在籍確認の電話で確認できるでしょうし、源泉徴収票の提出があれば過去の実績もわかるはずです。
しかし、いずれも現在か過去の話であり、将来のことまでわかりません。

金融機関の担当者は超能力ではないのです。
そこで将来の見通しを立てるために重視されるのが勤続年数なのです。
勤続年数は、会社に勤めていた期間であり、これが長い人ほど同じ会社で勤め続ける確率が高いのです。
逆に勤続年数が短い人は、いつ退職するかわかりませんし、過去に何度も転職している事績があれば、

収入の確実性という面では非常に不利になります。
勤続年数が長い人は、審査に不安を覚えることなく審査を受ければいいのですが、問題は勤続年数が短い人です、
勤続年数が短いというだけで、審査で不利になることは少なくありません。
また、信用情報には過去に申込をしたクレジットカード申し込みの際に、どこに勤めているかも登録されています。
複数のクレジットカードなどを申し込んでいると、その都度勤務先が登録されるため、これが違うと勤続年数が短く、

いつ退職するかわからないということで審査面では最悪の状況になります。
勤続年数が短く、勤務先をコロコロと変える人は消費者金融などで信用されません。
いつ再度無収入になるかわからないためです。
このことは知っておいたほうがいいでしょう。

このページの先頭へ