カードローン審査における担保・保証人・連帯保証人とは?

消費者金融のカードローンは無担保融資です。
銀行などで住宅ローンを借りると、住宅に担保を付けられます。

担保とは万が一返済ができなくなった際に、銀行が売却することで貸金を回収することができる資産のことを言います。

住宅ローンであれば住宅ですし、ディーラーでローンを組むと自動車が担保になります。
では、担保がない場合はどうすればいいのでしょうか。
商工ローンなどのように貸付金額が大きいローンは保証人を要求されることがあります。
保証人とは、万が一返済ができなくなった際に、借りた人に代わって返済をしてもらう人のことを言います。
保証人は借りた人に対して自分が返済した金額を請求することができます。
もちろん貸付契約の際に保証人から印鑑証明付きの承諾書をもらっています。

しかし、保証人から承諾書をもらっても、その人に信用がなければあまり意味がありません。
返済が滞って代わりに返済してもらおうとしても、保証人が返済できなければ意味がないのです。
そのため、場合によっては複数の保証人を依頼することがあります。
この場合、たいてい複数の保証人が連帯責任で万が一の貸倒に対応させられます。
このような保証人のことを連帯保証人と言います。
連帯保証人は万が一の際には誰に弁済を代わりにして欲しいと依頼されるかわかりません。
選択権は貸付をした金融機関にありますから、通常は収入が多くて信用力がある人から保証をして欲しいと依頼することになります。
もっとも、現在の消費者金融で保証人を要求することはほとんどありません。
また、銀行などがカードローンの審査をする際には、消費者金融などを保証人として審査を丸投げしています。
万が一の際には保証人である消費者金融がカードローン契約者の代わりに返済をさせられます。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ