カードローン審査の申し込み時に必要となる収入証明書・所得証明書について

最近の消費者金融は50万円までであり、かつ他の金融機関との合計借入額が100万未満なら収入証明書などが不要です。銀行系カードローンはこの基準がさらに緩く、三井住友銀行カードローンは300万、みずほ銀行カードローンは200万と高いです。

これは審査の上で収入を重視していないのではなく、収入証明書をさほど重視していないという事が挙げられるようです。給与所得者の収入証明書として源泉徴収票が挙げられますが、これは前年のデータであり今年のデータではないのです。

収入証明書がなくても年齢や職業から、年収はある程度推測できますし、信用情報機関のデータからも推測可能です。そのため、準備することが難しい収入証明書の提出を融資金額によっては省略しているのです。

これによって金融機関のカードローンは、かなり申し込みやすくなりました。本人確認の免許証だけ持っていけばいいわけですし、免許証は財布の中などに入れていつも持ち歩いている人も多いでしょうから、申込の際に負担に思われることもありません。

ただし、少額ならば収入証明書がいらないからと、一つのカードローンにまとめれば限度額が大きくなり金利も低くなるような人が、わざわざ不利な50万円の限度額にしている人が多くなりました。

このような人は、50万円の限度額を使い切ると、別のカードローンを申し込んでしまうため返済先が多くなり、実際より借金が多いような錯覚に襲われることがあります。これは多重債務へ向かってしまう危険性があります。金利も無駄に多くなるのでオススメはしません。

多重債務になってしまいそうな場合は「おまとめローン」がオススメです。他社への追加融資は返済が大変になります。返済額はもちろんですが、返済日が増えて、返済が遅れるリスクが増えます。さらにはひとつに絞ることで金利もスリムにできます。

ちょっとした手間だけで、自分の信用をフル活用した条件のいいカードローン契約ができるのです。銀行系カードローンは、かなり多額の融資でも収入証明書や所得証明書が不要ですが、それを超えるだけの自信があれば書類の提出で万全のカードローンがゲットできます。

このページの先頭へ