カードローン審査は高給取りよりも安定収入が重要?

カードローン審査は高給取りが有利と思い、諦めていませんか。

カードローン審査は様々な観点で評価しますので、必ずしも高給取りが有利というわけでなく、少ないながらも安定収入がある人の方が有利であったりします。確かに、高収入で安定してる人の場合であれば借り入れ上限額が初回から高めの設定になる場合もあるのは事実ですが、違う視点からも審査されるのがカードローン審査なのです。

・年収800万円、自営業の高給取りと年収400万円、公務員の安定収入者はどちらが有利か

ある消費者金融のスコアリング点数を参考にしますと、年収800万円の点数は65点なのに対して、年収400万円の人は35点しか与えられません。

職業のスコアリングでは、個人事業主は5点しか与えられませんが、国家公務員は45点を与えられます。

前者の自営業の方が高給取りですが、この2つの合計点は70点で、後者の安定収入の国家公務員の方が80点と高くなり逆転してしまいます。
収入は倍違いますが、必ずしもそれだけで全て決定するわけではありません。

・安定収入が高給取りに勝つ時

安定収入の点数は、国家公務員、地方公務員、上場企業の正社員、資本金5億円以上の正社員が高いとされており、特に国家公務員は最も高い点数を割り振られます。

対して個人事業主は点数が圧倒的に低く、年収が高いといっても波が大きいとみなされるために大きく調整されてしまいます。

高給取りよりも安定収入の方がカードローン審査では有利になるのです。

収入が少ないから審査に通らないかなと思う必要はありません。

トータル的に見てくれますので、お勤め先が資本金の多い企業であったりすれば、リストラの心配も少ない安定収入とみなされる事が多々あります。

高給取りでなくても安定収入をお持ちなら審査に通過するでしょう。不安定よりも安定が大事です。

それなら自営業の人は不利になるのかといえば、アコムには自営者専用のカードローンがありますので、そちらを利用するといいでしょう。

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ