カードローン審査に通りやすくなる時期があるのは事実?

カードローン審査に通らなくて困っていませんか。
そんな時は時期を見直すことも1つの手です。
実は、あまり知られていませんが、カードローンには通りやすくなる時期と通りにくい時期が存在します。
カードローンの通りやすくなる時期について解説します。

・閑散期は審査に通りやすく、繁盛期は通りにくい

カードローン審査の基本は閑散期に審査に通りやすく、繁盛記は逆に審査に通りにくい点です。
夏や冬のボーナスが出た直後は人々のお財布に現金が沢山残っているのでカードローン事業者は閑散期となります。
閑散期でも一定のノルマは残っているので、閑散期においては審査はよりスムーズになると言われているようです。
一般的に閑散期とされるのは6月、12月ですのでこの時期は審査を受けるのはねらい目と言えるでしょう。

・決算期末も審査に通りやすい
カードローン事業者は月毎のノルマ、年毎のノルマに追われています。
決算末となる3月末や中間期末となる9月末はノルマをクリアするためになるべく審査に通す傾向が見られます。
審査に自信がない人はこの時期も狙ってみるといいでしょう。

このように時期を見極めれば審査の結果も随分と変わってきます。

時期をずらすだけで審査が通りやすくなるなんて想像もしなかった方も多いのではないでしょうか?

しかし、誰でも時期をずらすだけで審査に通りやすいという訳ではありませんので、
予め、合わせて借入件数を減らして挑むなど、信用情報を事前に良化させてから審査に挑んで下さい。
より一層カードローン審査に通りやすくなるでしょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ