カードローン、貸付自粛制度ってどんな内容?

カードローンからの借金をやめたいと思ったことはありませんか。

そんな時は貸付自粛制度を利用すると、強制的に借金ができなくなります。

カードローンやキャッシングの貸付自粛制度について解説します。

・貸付自粛制度は日本貸金業協会で登録

貸付自粛制度は日本貸金業協会に本人が申請を行う事により登録できます。

日本貸金業協会は信用情報機関である【CIC】、【JICC】に貸付を自粛する情報を登録します。

カードローンなどを発行する際、金融機関は必ずどちらかの信用情報機関にアクセスし、貴方の信用情報を確認しますので、貸付自粛制度の情報を以て審査には通らなくなります。

既存の借入先も与信見直しの際に信用情報機関にアクセスしますので、新規の借入は制限され返済以外にカードは使えなくなる対応をとるでしょう。

こうすることにより借金の総額は増えなくなります。

・貸付自粛制度を登録できるのは本人か法定代理人、家族は制限される

浪費グセの人にはちょっと便利な貸付自粛制度ですが、誰でも申請できる訳ではありません。

申請できるのは本人か、債務整理を依頼した場合の弁護士などの法定代理人だけです。

家族が申請する場合は、本人が行方不明など特別な理由がない限り、貸付自粛制度は利用出来ません。

付け加えると、貸付自粛制度は正規の貸金業者しか効果がありません。

闇金は信用情報機関の会員になっていませんので対象外ですから、引き続き借り放題です。

たとえ貸付自粛制度で借りれない状況になったとしても、決して闇金に流れないように注意してあげるといいでしょう。

浪費グセの方には効果のあるカードローンの貸付自粛制度、是非利用してみて下さい。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ