キャッシングとカードローンの違いについて

CMや街で見かける消費者金融の広告ですが、キャッシングで認識していますか?それともカードローンという言葉ですか?

よく使われるのはキャッシングですが、同じように使われている2つの言葉ですね、でも実は返済方法が異なる言葉でもあるんです。

キャッシングとは?

返済方法が一括の借入れの事を言います。返済方法には分割と一括の2種類があります。一括で返すということは、30日以内の返済ということで、ほとんどの場合、次の給料日で一括返済となります。ですので必然的にそんなに多くない額の借入れとなります。

主には生活費の補助として使われることが多いようです。今月支払いを済ませると少し足りなくなるとか、冠婚葬祭で予定外の出費が重なってしまったりとか、貯金はあっても、預金を崩したくなからなど、様々な理由があります。

また、足りなくなった時に誰か身内や友人に借金のお願いをすると、お金に困っていると思われてしまうのは嫌だから、それなら消費者金融で少しの額をキャッシングしてすぐに返したほうが助かる、という利用者は多いようです。後腐れがないというのが魅力とか。

カードローンとは?

返済方法が分割で長期になります。分割ですので大きな額の融資に対応しています。銀行の住宅ローン、自動車ローンや学資ローンもこの類です。月々の返済額を、無理の無い額に設定して、長期で返済していく方法です。

一家返済のキャッシングと違い、金利がとても影響してきます。月々の返済額を少なく設定すると、毎月の返済は楽ですが、トータルでは利息分がとても高くなってしまい、いつまで経っても元金が減らないということになってしまいます。

金利だけで言うと、高く設定してあるのは一括のキャッシングのほうです。とはいえ、カードローン(フリーローンの場合)もそんなに金利に差があるわけではありません。

このようにどちらにもメリットとデメリットがあり、一長一短とも言えますので、状況に合わせて上手に利用すれば負担も軽くなります。初回のみ無利息で借りれるキャンペーンを実施してる場合が多いので、そういったものを利用するのもお得です。

最近ではイメージ改善のために完全にカードローンという言葉だけを使っている金融業者もあります。

このページの先頭へ