クレジットカードの使い方で影響が?

クレジットカードって、社会人ならほとんどの人が持っているイメージですが、使い方によってはいろいろ影響があるので気をつけるべきところもあります。

ショッピング枠とキャッシング枠があるというのをご存知でしょうか?
普通に買い物をしてローン分割で返済していくというのがショッピング枠です。これはクレジットカードの通常の使い方ですね。

では、キャッシング枠はというと、クレジットカードでお金を借りることができるんです。返済方法はショッピングの返済に上乗せして払っていくものです。

返済が一緒になっていくので、ショッピングもキャッシングも同じように捉えてしまいますが、実は他に影響が出てしまうという意味ではこの2つは別物です。

他で新しく銀行のローンや、消費者金融に申込もうとした時に、ショッピング枠は全く問題ありませんが、キャッシング枠は総量規制の対象になってしまうので、審査に影響が出てくることもありますので気をつけましょう。

クレジットカードのほとんどはこのキャッシング枠を外すことが出来ます。はじめから必要なしで申込むことも出来ますし、途中から外すこともできます。

クレジットカードに申し込む方の目的はショッピングが大半だと思います。キャッシング枠が付けられると提案され、何か急な出費でお金に困った時の保険と言われれば、ショッピング枠だけで良いという判断はできなくなってきます。ですが、そのキャッシング枠は本当に必要でしょうか?必要でなければキャッシング枠はいらないという考え方もあります。

最近ではクレジットカードを一人で何枚もたくさん所持してるケースも多いはずです。中には年会費がかかるようなカードもありますよね。この際、見直すきっかけとして選びなおすのも賢明かもしれません。そうすることにより将来家などの大きな買い物(ローン)などをする際に審査に通りやすくなるケースもあるかもしれません。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ