主婦の方でも借りれる消費者金融はどこ?

消費者金融を申し込む前によく質問されることですが、主婦でもお金を借りることは可能なんでしょうか?

主婦の方でも安定した収入があるとアコムなど消費者金融を利用することは可能です。パートやアルバイトなど、年収としては少なくても働いていることを証明できれば借り入れは可能です。

主婦というと配偶者控除を受けるために、年収を103万円までに抑えなければならないということもあります。そうなると年収の3分の1までの借り入れが可能ということで、およそ34万円くらいならお金を借りることができます。

この年収の3分の1までしか借り入れができないというのは、総量規制という法律で、目的としては消費者をいじめる訳ではなく、多重債務という悪夢から消費者をすくことが目的なんです。

総量規制が法律で決まる前は、専業主婦の方でもお金を借りることができました。でも今では厳しくなり無職の場合は借り入れができなくなり、専業主婦の方も無職扱いなので、消費者金融から借りることは厳しくなりました。

総量規制には対象外がありますが、消費者金融と違い、銀行系のカードローンがあります。

銀行のカードローンは総量規制の対象外となっていますので、長期ローンやおまとめローン、または個人事業や自営業などで利用される方にはとても便利です。なぜなら年収の3分の1を超える金額の融資が可能だからです。個人事業や自営業など、設備投資や事業拡大のタイミングで高額融資が必要になります。その場合、年収の3分の1以上の融資はどうしても必要となるので、銀行カードローンはとても助かります。

専業主婦の方でも配偶者の収入が確認できるようであれば、30万円までの融資が可能になります。働いていなくても旦那の安定した収入があることで借入が出来るということです。これは一部の銀行カードローンになります。みずほ銀行と三菱東京UFJ銀行などでサービスを行っているカードローンがそうです。しかしそれ以外の銀行カードローンではいくら総量規制対象外といっても専業で主婦をされている方は収入がないとして借り入れは出来ないようになっています。

※銀行カードローンでのサービス内容が変化してきましたので、専業主婦の方が利用できる銀行カードローンも少なくなってきました。今後の動きに注意していきたいと思います。

このページの先頭へ