急ぎでお金を借りたい時に一番便利なのが即日審査&即日融資のカードローン・キャッシングでしょう。消費者金融の一番のウリともいえるでしょう。

しかしながら、即日審査のカードローンでも、審査に落ちる可能性は当然ながら誰でも考えられます。
一般的に消費者金融の即日審査と言えば、甘いという印象があるかもしれませんが、対応が「即日」という他のカードローンより速いだけで、審査のポイントは変わりません。

現在、大手有名な消費者金融でも、審査通過率は厳しく半分ほどしか通過しないと言われています。

銀行のカードローンなどは、金利が低いために、さらにこの審査ポイントは厳しく、審査が通りにくくなっています。
そのため、カードローン審査に通過できないという可能性も、十二分にありえます。

さらに、即日審査といっても、手続きに落ち度などがあると、審査は時間かかり、当日に審査結果がでないこともあります。
何が何でも、審査の当日中の内に融資が可能かの結果を出したい場合は、下記の7つの原因に留意して、審査をうけてください。

 

では、即日検査をうけることができない7つの原因とは一体何?

下準備を事前にしておけば、スムーズに即日審査をクリアできるはずですので、下記の点に注意して即日審査をうけましょう。

 

他社からの借入金がある場合

審査に時間がかかる原因のひとつに、すでに他の消費者金融会社から借入金がある場合です。こういった他社借入件数が多い場合は、消費者金融会社としても、
審査の際に、返済能力があるかどうかを調べる行程は、時間がかかるだけでなく、収入証明などの書類の提出するように言われる可能性もあります。

借金あるいは、借入金が無いことが即時審査に通過するには、一番良い方法ですが、それが難しい場合は、自分が働いていて、
責任を持って偏在出来る事を証明するためにも、収入証明証を一通用意しておくのがよいでしょう。

この書類が一通あることで即日審査も速くなり、当日中に審査結果をもらえることになるでしょう。
また、収入証明が最初から必要なケースもあり、一社からの借入金が50万円、他社と合算して100万を超える借入金がある場合は、
法律で収入証明書類の提出が義務となっています。

 

マイナスの評価が信用情報として残っている場合
カードローンの審査では信用情報は確実に審査される部分です。
クレジットカード、カードローンの利用履歴が残っているため、偏在の延滞が過去にあった場合は、情報としてそれらの記録は残っています。

既にマイナス評価が記載されてしまってるケースだと
審査基準は通常のラインよりも厳しめの設定となります。この信用情報はかなり重要視されるので
審査に通過できない人も当然います。
過去にクレジットカードやカードローンを利用した方で延滞の覚えがある場合は、
事前に消費者金融に自分の信用情報の状況について確認をおこなっておくと、いいでしょう。
年数が経つと、返済記録などは破棄されるので、その記録がなくなるまでは、カードローンの審査を待った場合がよいケースもでてきます。

 

審査申請時間が遅い場合
カードローンは、24時間インターネットで申し込みが行われている場合もありますが、審査は限られた営業時間でしか行っていません。

審査申請が夜間など、営業時間外、極端に遅い場合ときは、審査は翌日の営業時間にしか行われませんので、自然と審査結果を受け取るのがおそくなるので、注意しましょう。

大手の消費者金融会社の場合は、9:00~21:00まで一般的な営業時間です。その時間帯の間にカードローンの申請をしましょう。
銀行の場合は、15:00で営業時間がおわるので、さらに早め行動が必要となります。カードローンの審査でも時間は、30分は必要です。
審査通過時間なども加味すると、営業時間内1時間ほど前には申請をしておくのがいいでしょう。

書類から不備が見つかった場合、カードローン申請の時には、様々な書類を提出しないといけません。その時に、身分証明書と現住所が違ったりなど、申請書類と情報が違った場合は、不備となり時間がかかる場合があります。簡単な修正で問題ないケースもありますが、身分証明証の表記などに誤情報がある場合などは、簡単鰊生通過とはならないので、気をつけましょう。

 

申請書に不備がある場合。
申請に必要な書類に不備が発覚したときは、通常よりも審査時間がかかります。些細な間違いでも確認のために電話などもかかってくるなど、場合によっては、再度申請をし直さないと行けないケースもあるので、要注意です。
申請の際に、情報があやまっていたりすると、勝者金融会社への心証も悪くなってしまうおそれがあるので、申請するときは、申請書類に誤記入がないか、再三確認をしましょう。

 

確認の電話に出ることができない場合。
在籍確認という電話が消費者金融会社からかかってくるケースもあります。

実際、そこで働いているか確認をおこなうためです。この電話での確認が終わらない限り、申請結果はでません。在籍の確認は、申請した本人が電話にでなくても問題ないことになっていますが、原則として申請者本人が電話にでることになっています。
営業職などで会社にいることが少ない人は、申請時に金融機関に前もってその旨を伝えておくとよいでしょう。

また、申請の時期によっては、会社の営業日以外に確認の電話がかかってくる恐れもあります。

そのような場合も事前に金融機関と相談しておくと便利です。ことによっては、在籍確認前に、少額の融資なら申請が通過する場合もあります。

 

条件を満たしていない場合。

即日審査のカードローンでも、審査がその場で通過市内ケースもあります。金融機関によっては、即日審査に関して、条件がありそれをクリアしていないと審査自体も受けることができないところもあります。

銀行のカードローンは、口座があるかないかで、対応も変わってきますので、申請する際に、条件について各金融機関に問い合わせておくことをお薦めします。

 

申請方法が間違っている。

即日審査の条件をクリアしていても申請方法が間違っている場合は、即日審査をうけることはできません。

即日審査と言えども郵送で審査書類を送信する場合は、当然ながら日数がかかります。

物理的に不可能ということで、即日審査ができないだけです。即日審査を受けたい場合は、WEB申し込みか自動契約機を利用するのが一番手っ取り早い方法になります。

 

まとめ

最近の消費者金融の傾向として、いかに早くお金を借りれるかのスピード化が重視されています。スマホやネットの普及により審査が早く進むようになったので、全ての行程があっという間に完了できるのです。一昔前であれば店頭や無人契約機に出向き、何かあれば有人の店舗で消費者金融の店員と話す必要もありました。今ではそんなわずらわしさは一切排除され、誰にも知られずにお金を借りれる時代になったのです。土日でも24時間すぐに借りれる方法もありますし、上手に利用すればとてもいいサービスと言えますね。

とはいえ、上記のような大事なポイントを外してしまうと即日審査が完了できなくなりますので、今一度チェックしてみてください。

このページの先頭へ