在籍確認なしで審査に通る人の属性とは?

基本的な情報としては、「消費者金融でカードローンやキャッシングをする際は必ず、電話か書類での在籍確認は行う」とされていますが、

実際のところは、在籍確認なしで審査に通る人の結構いるのが真実です。

なぜ、在籍確認不要で借り入れができてしまうのか?その属性はどんなものがあるのか?

色々調査をした結果、

①勤続年数が長い(零細企業でも同じ)

大手の会社でなくても長く勤務してる場合、信用度が高いのでわざわざ在籍確認をしないと考えられます。

②有名、大手の企業に勤務している(目安として3年以上~)

こちらも信用度が高い=返済能力があるとみなされるようです。

③今まで他社も含めて借入経験がない

この場合は基本審査の段階で他に問題がないことが前提となります。

④あきらかなローン完済済みの家や資産などを持っている(最初の基本情報の入力において資産価値などを審査できるため)

住宅ローンや車のローンなども含めて、他の借金がなく、土地やマンションなどの資産を有してる場合となります。

⑤借入希望金額が5万円以内の低額である

5万円以内の低額であれば土日など含めて、ほぼ簡単な審査のみ、在籍確認なしで即日融資してくれる場合が多いです。

上記のいずれかに該当する場合は、勤務先への在籍確認の電話連絡や書類での職場審査などを一切行わずにカードローンやキャッシングができるようになることがあります。

いずれにしてもある程度、信用度が高い方のみということになりますね。

自分の信用調査を見てみたい時には、JIC,CICなどの信用機関にネットから申し込みすれば有料にはなりますが、すぐに郵送で信用情報を送付してくれます。その際、本人確認できる書類の提示が必須となっています。このデータ結果が良い方であれば、かなりの高確率でいわゆる「在籍確認なし」で借りる事が可能でしょう。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ