在籍確認の審査について-本当に電話なしでも勤務先を確認できるか?

当然ですが、キャッシング・カードローンなどお金を借りるときには在籍確認の審査は必ず行われるものですが、

そのほとんどが電話連絡という方法で確かめていますが、その電話なしでも勤務先確認ができるのでしょうか?

消費者金融に限らずほとんどの金融業者で行われている在籍確認の審査ですが、以前はそんなに厳密に行われてはいなかったようです。

消費者金融の審査が甘いというイメージを抱いている方は、もしかしたらずっと前から持っているイメージかもしれません。

以前は身分証と簡単な住所確認ができれば、在籍確認をしなくても、申し込み時にほとんど自己申告で勤務先の情報を書き込むだけでオッケーだったりします。

しかも最初から高額の融資枠をもらえるので、本当に借りやすかった時代だったのかもしれません。

しかし、無職なのに勤務先を偽って借りる事で、当然返済はすぐに滞ってしまいます。年収が少ないのに、高額融資により返済ができなくなるという事は度々起こるようになりました。

そうなると、多重債務や自己破産など金融事故が増えていきます。その流れで、金融関連の法律が制定されるようになります。

こういった流れがありわざわざ職場に電話をしてまで在籍を審査するようになったのです。

 

今まで消費者金融というものを意識した事がなかったという方や、最近になってはじめて知ったという方はどちらかというと審査は厳しいものだという認識ではないでしょうか。

それは総量規制など、法律が変わってから、消費者金融などを意識するようになると、お金を借りるのにはいくつも条件があるという事が前提として認識するようになるかと思います。

ですが、基本的には収入の制限範囲以上などお金を借りすぎていなければ問題なくカンタンに審査が通る方のほうが多いのですから必要以上に不安になることもないでしょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ