消費者金融を利用する為にはまず審査に通らなければなりませんが、その中でも重要な審査が「在籍確認」です。

その「在籍確認」の審査が申し込みから契約までの間で、どのタイミングで行われているのか?
在籍確認の電話連絡ですが、申し込み時に入力(記入)した個人や勤務先などの情報を審査し、送られた身分証明や収入証明などの書類審査をし、過去から現在までの他の金融業者の利用履歴などを精査した後、ほぼ最後に在籍確認の電話連絡は行われます。


この在籍確認の審査は、勤務先を確かめる為に必ず行われるもので、勤務先に在籍していることを証明できないとなるとどうなるのかというと、収入が無いと判断され、審査に落ちるということになってします。

消費者金融はお金を貸す側ですから、返済能力を重視します。返済能力というのは月々の支払い能力であり、月々の収入が無いと返すことができません。分割返済の場合、月々の返済額を自由に選ぶことができますが、その基準となるのは月収で決めていくことがほとんどです。月収が少ないのに返済額を多くしてしまうと、返せなくなってしまうので、余裕をみて返済額を決めていきます。

では「在籍確認」の方法はというと、ほとんどが勤務先への直接の電話連絡となります。確実に証明を得る方法なのが電話で直接確かめることなんです。通常、会社に電話をして名前を伝え呼び出してもらうとその人に代わってもらえます。それで在籍を確かめることができますが、もしここで、「そのような者はうちの社にはおりませんが・・・」となってしまうと審査には通らないことになります。勤務先の情報に虚偽があればここでバレてしまうということです。

しかし、職場によっては社員数が多く、全てを把握していない場合や、外部からの個人的な電話は個人情報保護の為に受けない場合、または誰も外部からの電話対応をする職場ではなかったりと様々なので、本当は在籍しているにも関わらず、審査に落ちてしまうこともあるかもしれません。

確実に在籍確認を行う為にも、電話以外の方法をお願いする方も少なくありません。それは公式では表記されていませんが大手であればどの消費者金融でも相談すれば対応してくれます。

在籍確認の電話連絡を別の方法で行うというのは公式のサービスではありませんので、多くを期待しない方が良いです。ですが、諦めずに相談するのが良いです。

このページの先頭へ