正社員に比べると、金融機関からの信頼度はどうしても低い派遣社員

正規雇用と比べ非正規雇用は、収入が不安定と見られてしまいがちです。収入が不安定となると、返済が遅れることがあるのではと、消費者金融などの金融機関は捉えています。

最近では、非正規雇用者の割合が増えてきました。もっと幅広く利用してもらいたいと考えると、どれだけ信用できる非正規雇用の方に利用してもらうかが大事になります。

そこで、

派遣社員の方が、正社員と同等の金融機関の信頼度を得られる方法を紹介します。

消費者金融は保険の種類というものをとても重要視しています。正社員の信頼度が高いのは、会社が加入している社会保険に入っているからなんです。それだけで、勤務先に在籍している確かな証明になります。

派遣社員の方でまだ国民健康保険のままで、消費者金融を申込もうと考えているなら、先に社会保険に加入してからの方が審査の基準がまったく変わってきますので、オススメです。

消費者金融の申込みページには、保険の種類という欄があります。実際に社会保険証を提示できれば、それだけで在籍確認になる訳ですから、通常行われる在籍確認の電話連絡を回避することも可能なんです。

消費者金融からの電話確認が職場にかかってくるのはできれば避けたいと思っている方は少なくありません。実際、電話をかけてくる時、消費者金融を名乗ることはなく担当者の個人名だとしても、職場環境によってはそれすらも疑われたりすることもあるようです。

社会保険証には、加入している会社名が記入されているので、その画像を消費者金融側に送っただけですぐに在籍確認となるので、もう電話での在籍確認の必要は無くなります。それだけ説得力のある証明書類なんです。

一部の方ですが、派遣の方で勤務先の入力箇所に、間違って「派遣先」の情報を入れる方がいます。派遣の方の勤務先は「派遣会社」です。ほとんどの方は当たり前のように間違えたりはしないと思いますが、本当にたまにいらっしゃるようです。

単純に間違えただけなのか、在籍確認の電話審査に自分が電話対応出来るからという理由からなのか、または派遣先が大企業だから、審査に好印象と考えたのか、わかりませんが、とにかく「勤務先」に記入するのは登録している派遣会社です。

大企業の場合、消費者金融の在籍確認の電話は連絡が、人事部にまわることもあります。なので派遣先に迷惑がかかるかもしれないということも考えておいたほうが良いでしょう。

最近では、申し込みの勤務先の確認を受けることがあります。雇用形態で派遣社員を選択した場合、入力した勤務先は、派遣元なのかどうかを聞かれます。間違って派遣先を勤務先に選んでいないかを確認されます。

登録して毎月給料を支払ってくれるのは派遣元の派遣会社です。派遣社員が勤務先として在籍しているのは派遣会社なのです。

このページの先頭へ