消費者金融などのカードローン及びキャッシング審査には2つの段階があります。
仮審査と本審査です。
仮審査は信用情報機関のデータを利用して、実際の審査をしています。
最近の審査はコンピューター審査が全盛であり、人の目で審査をしていることは少なくなりました。
アコム、プロミス、モビット等の大手消費者金融では審査の均一性を図るため、審査マニュアルが整備されています。
このようにマニュアル化されているとプログラム化することが容易ですし、申込自体がスマホなどのネット経由ですることが多いですから、そのままコンピューター審査として利用できるのです。
また、先ほど述べた信用情報機関のデータも電子データなので、コンピューター審査は非常に重宝されています。
このコンピューター審査を最大限に活用しているのが大手消費者金融です。
最近アコム、プロミス、モビット等で謳われている「10秒審査」は、信用情報機関からデータを取り寄せるので事実上の仮審査をしてしまいます。
つまり言い換えれば10秒で仮審査は終わるのです。
次の審査は本審査です。
これは、申込内容の真実性を確認する手続です。
運転免許証の確認や職場への在籍確認の電話が本審査の内容です。
在籍確認の電話は利用者から不安がられているため、担当者に相談する事で事情を汲んでくれる事もあります。
このように在籍確認に関して相談に乗ってくれるのがアコム、プロミスですが、モビットの「WEB完結」もこの方法となります。
返済銀行が指定されていたりすることもありますが、職場が休みの日でも即日融資が可能になりますから、休日のお出かけの際にも即日融資ができるメリットがあります。
このようにして本審査が終わります。
本審査が終われは融資条件が確定して契約可能です。
大手消費者金融のプロミスやアコム、モビット等は審査終了後に自分の銀行口座に融資資金を振り込んでくれます。
この審査スピードの速さが一般的に言われる「即日融資」を可能にしているのです。

このページの先頭へ