Q勤務先にかかってくる電話連絡は自宅にもかかってきますか?

A:お答えします。アコムでは申込み時に記入した勤務先に、間違いなく所属しているかを確かめる在籍確認の電話連絡ですので、その審査は勤務先にかける電話で完了します。ですので同じ理由で自宅に電話をかける必要がありません。また本人確認の連絡は本人の携帯電話にかかってきますので、自宅にはかけることはありません。ただ、自宅に電話があるとすれば、返済が滞った場合のみですので遅れる事がなければ不安になることはありません。

Q学生ですが消費者金融でお金を借りれますか?週3~4日でアルバイトをしています。

A:お答えします。学生の方でもアルバイトなどで毎月一定の収入があれば、消費者金融のアコムを申し込む事は可能です。年収の額は気にする必要はありません。毎月給料を受け取っている事が大事です。例え年収が低いとしてもカードローンを利用することはできます。年収によって影響があるのは、借り入れ可能額になります。総量規制により年収の3分の1までが借入れ可能額となっています。ですので、年収が240万円のアルバイトの方の場合、80万円までは有志が可能ということになります。ただ、20歳に満たない場合は年齢制限がありますのでご利用は出来ません。

Qキャッシングとカードローンの違いはなんですか?

A:お答えします。返済方法に違いがあります。キャッシングの場合は、一括での返済になります。ですので少額の借入れがほとんどです。少なく借りて1回で返すというやり方です。そして、カードローンの場合ですが、分割での返済になります。何回かに分けて返済できるので多額の融資が可能になります。銀行のローンなど。消費者金融では分割やリボ払いが多いですが、それでもキャッシングという呼び方をする場合もあります。最近では、生活費を補充するために消費者金融を利用する方も多く、次の給料日で返せる範囲だけの小額の借入れをして、一括で返すという方法で上手に利用されています。

Q消費者金融を利用する際に手数料や年会費は必要ですか?

A:お答えします。消費者金融を利用するにあたって、手数料や年会費、その他の一切の費用はかかりません。

Qクレジットカードを所有していますが、新しく消費者金融に申込むのに影響はありますか?

A:お答えします。クレジットカードでは主な使い方としてお買い物をローンで返済する「ショッピング枠」というものがありますが、こちらは消費者金融に申込むのに影響のある「総量規制」の対象にはならないのでご安心ください。ですが、クレジットカードでお金を借りることのできる「キャッシング枠」を利用していれば、借入れということになり、総量規制の対象になります。総量規制の対象になってしまうとどうなるかといいますと、キャッシングの借入が年収の3分の1までという規制がかかります。ですので、もし、クレジットカードのキャッシング枠を利用していて、すでに年収の3分の1に達していれば、新たに借り入れはできないということになります。キャッシングが年収の3分の1に達していなければ、消費者金融側の判断で限られた額の借り入れは可能となります。

Q勤務先にかかってくる電話はどういう感じでかかってきますか?

A:お答えします。勤務先に在籍しているかを確かめるために、会社に電話で確認をする内容ですが、消費者金融からとわかるようには電話はしません。コールセンター担当者の個人名を名乗って電話をかけてくるので会社の人にはバレないので安心してください。本人が居ても不在でも、本人が会社に属していることが確認できれば在籍確認の審査は完了です。「いらっしゃいますか?」消費者金融側が電話で尋ねるのはこれだけです。「ただ今席を外しております」もしくは「本日はお休みを頂いております」等、この返答で在籍を確かめることができるので大丈夫です。

Q在籍確認の電話は本人が出ても大丈夫ですか?

A:お答えします。本人が電話に出られても全く問題ありません。むしろ会社の誰かにバレるリスクはさらに低くなると言えます。電話の内容は本人を確認するために簡単な質問をされます。生年月日や住所などです。それだけで在籍確認の審査は完了です。ちなみに、これはご自身が電話対応が可能な方のみの話ですが、申込みの際に、在籍確認の電話連絡の時間帯をリクエストすることも可能です。自分が電話に出られる時間を指定すれば、会社の他の誰かが電話に出ることはないので安心です。

Q消費者金融に申し込む前に自分が借りれるかどうか知ることはできますか?

A:お答えします。3項目の質問に答えるだけで借入が可能かどうか診断してくれます。名前や住所、電話番号など個人が特定されるような情報を入れることなく診断をしてくれるので安心です。消費者金融によって3項目の内容は異なりますが、【生年月日】【年収】【現在の借入総額】といったものになります。消費者金融には20歳から69歳までと年齢制限がありますし、すでに他社からの借入がある場合は、年収の3分の1からその借入額を差し引いた額が新たな借入可能額となります。すでに年収の3分の1を超える額を借りていれば、新たな借入の申し込みはできません。この3項目でここまでわかります。

Qインターネットから申し込むのはスマートフォンからでもできますか?

A:お答えします。スマートフォンからのお申し込みでしたら、公式のアプリがありますのでインストールして申し込みことができます。公式のアプリでは申し込みだけでなくお借り入れや返済、利用明細の確認までいろいろサービスがあるのでとても便利です。また申し込みをしていなくても利用できる便利なサービスもいくつかあります。「借入れ診断」と「返済シミュレーション」等です。申込みの前に借りることができるか不安な方、利息がどれくらいになるのか不安な方はこちらを利用する事で安心して申し込みができると思います。

Q収入証明書は必要ですか?

A:お答えします。消費者金融のキャッシングでは希望借入額が50万円までなら収入証明書類は必要ありません。ですが、それを超える場合はこちらの書類のうち1点を用意する必要があります。
源泉徴収票(最新のもの)
確定申告書(最新のもの)
給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

また、他社で借入れをしている場合は、合計で100万円を超える場合も収入証明書類の提出が必要になります。

Q審査に有効な証明書類はなんでしょうか?

A:勤務先名の入っている証明書類は、審査においてとても有効です。勤務先名の入っている健康保険証。これは正社員や公務員の方だというのがすぐにわかるので良いですね。社員証なども。プロミスの場合は、スマートフォンから申し込む際に、会社の名刺で申し込み時に入力する情報の手間を省いてくれます。この時にも勤務先がわかるので有効です。収入証明書でも、源泉徴収票と給与明細書は勤務先名が入っているので、提示できるととても良いでしょう。

Q消費者金融でお金を借りるのに担保や保証人は必要なんでしょうか?

A:担保や保証人は、消費者金融で借入れをする際には必要ありません。お申し込みをされるお客様個人の情報を元に信用情報機関などで照合して信頼できる対象かどうか審査を行うので、そのための担保や保証人などは必要ではありません。在籍確認の審査は担保や保証人に代わる重要な審査のひとつと言えます。

Q30日間無利息のサービスは一括返済でも利息ゼロ円でしょうか?

A:少額借入れでの一括返済でも、高額の長期分割返済でもどちらでも金額や期間に関わらず最初の30日寛は利息ゼロ円になります。一括返済ですと借りたお金に利息がつかないので借りた金額をそのまま返済して問題ありません。また、分割返済ですと、最初の一回分が無利息なので平均すると低金利になるのでとてもお得です。

このページの先頭へ