消費者金融に申し込むと必ず審査が行われますが、
審査基準がわからないと審査に落ちるかもしれないという不安はどうしてもあります。

申し込む前から落ちるかもしれないから他の消費者金融でも申し込んでおこう、という考えは、
あまりオススメはしません。何故なら、申込みをしただけでも信用情報機関に履歴が残るからです。

審査に落ちてもその履歴は残るので、同時期に複数申し込むと、
その分だけ申込みをしている履歴は残るので、その履歴で見て判断され、
また審査に落とされるという悪循環に陥ります。

その信用情報機関とはなんでしょうか?

信用情報機関は3社あります。
JICC・日本信用情報機構」「CIC」そして、「全国銀行個人信用情報センター」
3社もありますが、それぞれに特徴があります。
消費者金融その他に強い「JICC」
クレジットカード関係に強い「CIC」
銀行系の「全国銀行個人信用情報センター」
実際には情報は共有しているので、だいたいは網羅しています。

消費者金融に新規で申込みがあった場合、
消費者金融は「JICC」に個人情報の開示を求めます。
保管している情報は、申込者の過去の履歴ですが、
消費者金融の利用または返済履歴、クレジットカードの利用または返済履歴、
そして携帯電話料金の支払い履歴など。
消費者金融もクレジットカードも利用したことが無い、
または、携帯電話の本体は一括でしか購入したことが無いという方は、
この信用情報機関とは無縁です。
ですが、そうでない方は、過去の返済・支払い状況はチェックされることになります。
返済や支払いに程度の強い遅延があった場合は情報として残ります。
そして3ヶ月以上の遅れや未払い、そして債務整理などあった場合は、
「異動」扱いになり、これがいわゆる「ブラック」として残ります。

ここまで酷いものだと審査は即落ちとなりますが、そこまでいかなくても、
ちょくちょく遅延があったりすると、他の審査内容と照らし合わせて、
担当者判断となるようです。

前置きが長くなりましたが、「申込みブラック」とは?

この信用情報機関で扱っている情報のひとつ、「申込みに関する情報」になります。
「JICC」には、
・本人の特定が可能な「氏名・生年月日・電話番号・運転免許証等の記号番号等の情報、
そして、申込日・申込商品種別等の情報」が残ります。
「CIC」では、
個人情報に加え、「照会日・商品名・契約予定額・支払予定回数・照会会社名等」なども、
残ってしまいますが、これは過去の申込みで例え審査に落ちてその後の利用がなくても残ります。

この申込みに関する情報の箇所に同時期に複数残っていると「多重申込」として、
事故扱いになってしまいます。金融業社は返済を重要視するので、
無計画で闇雲に申し込む方のことは返済も滞る傾向にあると判断され敬遠されるので、
そうならないように気を付けましょう。

ちなみに、「申込み情報」は6ヶ月で削除されますので、2〜3社申込んでしまったという方は、
半年経過するのを待ってから、別な消費者金融に申し込むと良いでしょう。

「JICC」と「CIC」ではどちらも本人の情報は確認できます。
自分の過去の情報がどうなっているかを知りたい場合は開示申請をしてみると良いでしょう。
どちらもパソコンかスマートフォンで申請できます。
「JICC」の場合は、結果は手紙で送ってきます。「CIC」はpdfでの開示なので、
ダウンロードして見ることができます。

消費者金融のことで気になる場合は「JICC」だけで大丈夫です。
カードローン等の情報も気になる方は「JICC」「CIC」の両方を申し込むと良いでしょう。

実のところ、よっぽどのことがない限りブラック扱いになることはないでしょう。
そうなるには3ヶ月以上、お願いしている支払いが無かったり、その間、連絡が取れなくなったり、または借金を債務整理したり。
もし、利用可能額が少ないと感じたらそれはほとんどの場合、信用情報機関の情報での判断ではないでしょう。
他の理由がほとんどではないでしょうか。それだけ信用情報機関の情報は重いものです。

このページの先頭へ