総量規制に引っかかってもまだ借りれる方法とは?

消費者金融には年収の三分の一までしか借りられないという総量規制という法律があります。
総量規制対象外とされてるのは、銀行でのローン、住宅ローン、医療ローン、学資ローン等です。

でも、実は既に総量規制まで借りてしまってる人でも、まだアコムやプロミスから借りる方法があるんです!

あまり知られてないのかもしれませんね。

アコムには「貸金業法に基づく借換え専用ローン」と呼ばれ、プロミスには「おまとめローン」」と呼ばれる商品が該当します。

両社とも、総量規制対象まで既に借りてしまってる人でも借りれるうえに、金利の負担が軽減されるというメリットが大きいサービスなのです。
さらに、このローンはアルバイト、主婦、学生も契約できるのが嬉しいところです。

このローンは要するに「おまとめ借り換えローン」で、他で借りているお金を返済するために、アコムやプロミスで新たに大きなお金を借りて、金利を下げ借金を返済しやすくするのが目的です。

アコムの借換えの対象となる債務と明記されているのは「貸金業者(みなし貸金業者を含む)」からの借入債務となり、銀行や、クレジットカードのリボ払いは対象外」となっています。

プロミスは「消費者金融やクレジットカードなどの無担保ローンはOK!銀行のカードローン、クレジットカードのショッピングなどは対象外」
と書かれていますが、両社とも言ってることは同じですね。

要するに、銀行やクレカのリボ払い以外の借り入れならOKってことですね。

総量規制を気にするってことは、殆どの方が既に他の消費者金融からお金を借りてる事が多いってことでしょうから、既にアコムで借りてる方はプロミスでこのおまとめローンを申し込んでみるとか、そんな使い方になるでしょうか・・・。

なぜなら、一応、資金使途は「他の貸金業者からの借入金返済に限る」とプロミスの公式サイトにも明記されてるからです。

なので、このおまとめローンの審査には、既に例えばアコムで借りてる人がアコムのおまとめローン審査に申し込みをしても審査に通らない可能性が高いのでしょうね。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ