総量規制対象外のカードローンについてもっと詳しく知ろう!

総量規制対象とされてるのは消費者金融やクレジットカードなどのキャッシングやカードローンになっています。総量規制対象外となるのは、銀行カードローン、マイカーローン、学費やマイホームなどのローン、医療系のローンなどが総量規制対象外です。

ですので、今の時点ですでに年収の三分の一まで借り入れをしてる方であれば、もうこれ以上のキャッシングやカードローンはできないということになります。

ですが、銀行系であればまだ借りれる可能性はあるという意味になります。

しかしながら実際にはやはり一般的に言えることですが、消費者金融よりも銀行カードローンの審査のほうが難しいとされています。

消費者金融よりも金利が低いですし、一応大手の銀行なのでちゃんとした履歴や信用の評価がないと簡単には借りれません。

既に結構な金額を借り入れしてる方の場合、信用情報にも記載されていますから、返済能力が厳しいとみなされてしまうケースもなきにしもあらずです。

銀行カードローンが総量規制対象がだからといって安心してはいけないということです。

一番いいのはやはり少しでも今の借金、つまりローンを返済してから新しい金融会社や銀行で借り入れ申し込みをしたほうが審査にも通りやすいということになります。

初めて借り入れされる方は総量規制は全く気にする必要がないのでご安心ください。多重債務者や他社借り入れ件数3件以上あるような方は要注意です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ