返済遅延・延滞は何日経過するとブラックリスト扱い?

返済において一番不安になるのは遅延や延滞ですよね。遅れて支払いするのはよくないのは分かってはいても、つい忘れてしまったり、諸々の事情で支払いができない状態にあったり・・・

やはり普段からカードローンやキャッシングをしている利用者の人から「どのくらいの日にちなら返済が遅くなっても大丈夫?」「1日でも超えるとダメなの?」と質問を受ける事も多いです。
それでは、実のところカードローンの返済は何日くらいなら遅くなっても大丈夫なのか?

「何を考えて大丈夫」なのか?を知っておく 事が大事です。

第一に、当然ですが、返済を延滞するのはダメです!

「その様な事は知っているものの、どうしても払えないから本当に際どい一線を知っておきたい。」と言う人も少なからずいらっしゃるでしょう。

知っておくべきなのは、
どの様に考えてどのラインから大丈夫と考えるのかによって、返済遅延についてや延滞が可能な月日は変化するのです。

支払い期日から1日過ぎたのみでも遅延情報は個人信用情報に記載される!

支払い期日から1日伸びたのみでも、個人信用情報(CICやJIC等)には「入金がなかった」と言う証が残る事になるのです。

その情報は24ヶ月間は表示されるのでので、24ヶ月中に1ヶ月のみ「入金がなかった」と言う証が残るのみで他のローンが活用出来ないと言う様な事はそんなにないのですが、審査の上で評価がマイナスになる事は確実です。

実は・・・ダメージとなるのは「異動」
前に記載した通り、遅延や延滞マークより実はダメージが大きいのは「異動」の記載なのです。

その「異動」記号が個人信用情報に記載されるとほぼカードローンやクレジットカードでの審査で通過しなくなるのです。債務整理、自己破産を行なったと同レベルの返済事故と言う事で扱われます。

その様に印象の悪い記号が「異動」の情報です。

どの様な場合に「異動」の情報が個人信用情報に載るのかと言うと返済日から61日以上もしくは3ヶ月を超える支払い遅延(延滞)がある場合や、

もしくはあった場合 →返済日から61日以上もしくは3ヶ月を超える支払い遅延(延滞)を行なった場合。

返済不可になって保証契約の保証会社履行がされたもの →返済が出来なくてカードローン会社と保証会社が設定した期間中に返済が行われず、保証会社が代理でカードローン会社に立替を行う代位弁済が行われた場合裁判所が破産宣告を行なった場合(破産手続きの開始が決まった場合)

→自己破産や個人再生等を行なった場合です。
返済遅延や延滞がどれくらいの期間大丈夫か?と言うと返済日から61日以上もしくは3ヶ月を超える支払い遅延(延滞)を行なった場合です。

特筆するとネットの情報で誤った情報として流れている情報が「3ヶ月」の方なのです。

実のところ「3ヶ月」に設定しているカードローン会社、クレジットカード会社もあるのですが、「61日」を超過すると個人信用情報に「異動」の情報を記載するカードローン会社やクレジットカード会社もあります。

要するに、間違いを起こさない為には、決して返済を遅らせてはいけませんが、最悪でも返済日から60日以内に返済が絶対条件 と言う事です。

スマホの割賦契約も個人信用情報対象だと言う事はここで解説しておりますが、割賦契約を行なっているスマホの月額使用料を61日を超えて滞納をした時には、「異動」情報が載ってしまうので、ローン、クレジットカードの審査に影響を与えるかもしれないです。

今では大手3キャリアの時には3ヶ月を超えない場合には「異動」の情報は記載を行われないみたいですが、その方針がいつ変更になるのか知っている人はいません。
まとめ
カードローン、クレジットカード、スマホ、モバイル高速通信等、割賦契約商品の返済も、60日以内に支払わないと、ブラックリストに記載される事を考えておいてください。

✳実際のところブラックリストの存在はなく、個人信用情報に「異動」という情報が記載されると言うことです。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ