消費者金融のカードローンを家族に内緒で利用したいという方が最も心配しているのが自宅への郵便物ではないでしょうか。

自宅の固定電話への確認の連絡がないという事がわかれば残り油断してはいけないのが自宅への郵便物。

実は消費者金融から送られてくる郵便物の種類は4つあります。

1) 契約完了後の契約書

インターネットや電話、もしくは郵便での契約が完了してあとは、郵便で契約書が送られてきます。店舗で申し込みをされた方はむじんの店舗であってもその場で契約書が発行されて持ち帰る事ができます。ですがそれ以外の場合は郵便で送られてくるのが通常の方法になります。ですが、インターネットで公式ホームページをご利用になられているのであれば、契約後にご自分のアカウントにログインすれば契約書がネット上で確認できます。書類とは違いますので、家のどこかに隠していたのが見つかるという心配もありません。確認したいときはすぐに公式ホームページで見る事ができるのは安心です。

2) カード

カードをどう受け取るのかが実は最も問題ではないでしょうか。他のと比べて、書面をネット上にアップする事ができず、しかも確実に受け取らなえればならないカードです。受け取る方法としては郵便か店舗での直接渡しのふたつしかありません。店舗の受け取りは無人店舗でも問題ないので、お店で人に会いたくないという方は良いでしょう。ですが、これはすべての消費者金融で可能なわけではないのですが、カードレスで利用できる消費者金融が増えてきています。インターネットが充実してきた事により、カードを持たないで利用できようになってきました。ですので、カードを受け取る必要がなくなりました。

なぜカードなしでも利用できるのでしょうか?まずはカードが必要な場面を考えてみましょう。「お金を借りるため引き出す」「お金を返済するため振り込む」このふたつだけです。他に使い方があるとしたら、営業時間外に店舗に入りたい場合は、カードを使って入店できますが、営業時間外に入店する目的は借入れか返済です。パソコンかスマートフォンがあれば、いつでもどこにいてもネットで自分の銀行口座に振込ができます。あとは自分の銀行キャッシュカードでATMから引き出すだけです。返済も自分の銀行口座から振込をするだけです。カードを財布に入れておく必要はもうありません。逆に持ち歩く事で誰かに見られてしまうかもしれません。

3) 毎月の利用明細

利用履歴の表記してある明細書は毎月送られてきます。どんなに家族に内緒で利用していても、また消費者金融から送られてくる封筒に消費者金融名が書かれていなくても、同じ封筒が毎月送られてくる事はやはり周囲からは疑問に思われるでしょう。ですが、利用明細も契約書と同様に公式ホームページのご自分のアカウントでログインすればいつでも確認できるようになっています。これも書類がたまっていき、隠せなくなるような事もないので、安心ではないでしょうか。パソコンやスマートフォンで確認したいときにいつでもすぐに閲覧できるのはとても便利です。

4) お知らせ

消費者金融からのお知らせはいくつかあります。キャンペーンのお知らせや、毎月の返済日の確認、そして増額融資のお知らせもあるかもしれません。ですが、このほとんどはメールで済むものです。もしくは登録しているご自分の携帯電話にかかってきますので、郵便でのお知らせは必要ありません。

ですが、もうひとつ送られてくる可能性があるのは、返済が遅れた時の通知になります。少しでも遅れてしまうと督促状が届きます。これは返済が遅れない限り絶対に送られてくることはありません。

返済日が近づくとメールで返済のお知らせが届きます。そして返済日を1日でも過ぎてしまうと、メールが届きます。同時に携帯の番号に担当者から電話での確認が行われます。「返済日をお忘れではないでしょうか?」「返済日を変更する事も可能です」といった丁寧な連絡です。ですがこの段階で返済をしない、または連絡がつかない、という場合は自宅への電話確認に切り替わります。そして自宅への返済確認のお知らせ郵便が届きます。それでも返済なし、電話が繋がらないとなると、最後は勤務先への連絡と郵便となってしまいます。

最終的には、信用情報機関に記録が残ってしまいますので、決して返済が遅れることがないように気をつけましょう。

このページの先頭へ