配偶者や家族にブラックリスト掲載者がいると借りられない!?

アコムやプロミスなど大手の消費者金融でお金を借りる際に審査がありますが、審査では信用情報機関から信用情報を取り寄せます。
信用情報にはいろいろな項目が記載されていますが、過去5年以内に債務整理をしたり、

6か月以上の返済遅延があり債権が保証会社に移管されたりするような事績があるとその旨が登録されます。
俗に「ブラックリスト」と呼ばれるものであり、この事績があると審査は門前払いです。
しかし、ブラックリストは個人別に決められており、家族に対して影響が及ぶことはありません。

もっとも、何らかの事情でこれらの人に債務保証をしていた場合は話が別で、自分もブラックリストとして登録されている場合があります。
とはいえ、自分の配偶者や家族にブラックリスト対象者がいても、自分には全く影響はありません。もっとも、信販会社によっては家族のデータベースを持っているケースがあり、

その信販会社で債務整理などをすると家族に審査で影響が及ぶかもしれません。

もともと信用情報は、消費者金融や信販会社を利用する都度、データベースが作成され、そのデータベースは個々の人に対して集約されています。
自分の信用情報を見たことがない人も多いでしょうが、信用情報は多くのベーシで構成されており、過去5年間に自分が申し込んだクレジットカードやカードローンの事績が入っています。

しかし、その中に家族のものや配偶者のものは一切含まれていません。

また、信用情報機関は信用情報の目的外利用を禁止しています。そのため、ある人がカードローンの申込をしても家族の信用情報まで請求できません。
ちなみに信用情報には「閲覧事績」も表示されています。自分の信用情報をどこの金融機関が利用したかが一発でわかるようになっています。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ