配偶者貸付って?総量規制の例外について

専業主婦だけどキャッシングをしたいときはあるのではないでしょうか。
そんなときは総量規制の例外による配偶者貸付を利用するといいでしょう。
配偶者貸付について解説します。

・総量規制の例外、配偶者貸付とは
総量規制とは年収の3分の1までしか貸金業者が貸付を行えない制度です。
ただし、このままでは色々と不便な部分もあるので、総量規制は例外を設けています(銀行カードローンは総量規制の法律となる貸金業法のそもそも対象外です)
総量規制は医療費や自動車ローン、事業者向けの貸し出しなどの項目を満たしたら例外として総量規制を超える貸し付けができて、その例外の中に専業主婦などの配偶者が借りる場合のはい配偶者貸付も含まれているのです。
配偶者貸付では夫婦合わせた年収の3分の1までの貸し付けが認められています。
旦那さんの年収が600万円、奥さんの年収が0円だとした場合、奥さんの年収は0円ですから貸し付ける事は出来ませんが、夫婦合わせての合算ですので200万円まで貸し付ける事が可能です。

・配偶者貸付は手続きが煩雑で大手消費者金融は取り扱っていない
便利な配偶者貸付制度ですが、配偶者貸付制度を利用するためには夫の年収証明や委任状など複雑な手続きを行わなければいけなく、手続きが煩雑なため大手消費者金融では取り扱っていないところが多いのです。
中小消費者金融の中には配偶者貸付制度を利用しての貸し付けを行ってくれるところもありますので、配偶者貸付制度を利用したいなら中小消費者金融にお願いしてみるといいでしょう。
勿論、銀行カードローンなら総量規制の対象外ですので、銀行カードローンの審査に通るならそれに越したことはありません。

主婦だけどどうしても自分名義でお金を借りたいという場合は、どんな仕事でもいいので何かしらのパートで少しでも収入を得ることができれば、消費者金融からお金を借りる事ができます。
銀行の審査は難しいけれど、消費者金融ならいくぶんか審査に通りやすいというのは事実ですから、こういった方法もあると認識しておくと良いでしょう。

専業主婦のままで借りたいという場合は、やはり配偶者貸付制度を利用して上手にキャッシングを行ってください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ