普段はあまり意識をしないでいる正規雇用と非正規雇用の違いですが、消費者金融やクレジットカードなどに申込む時などにどうしても意識してしまいます。
やはり社会的信頼度が違うのでしょうか?
正規雇用と呼ばれるのは正社員や公務員ですが、非正規雇用はアルバイトやパート、そして派遣社員になります。

その違いのひとつに健康保険があります。正規雇用の場合、社会保険証や組合保険証は勤務先も明記してある保険証です。勤務先名が書いているということは在籍確認の証明にもなります。
ですが、非正規雇用ですと、その他の国民健康保険になります。これは基本的に誰もが持つことの出来る健康保険証です。ですので勤務先名は表記されていません。在籍確認の証明にはなりません。保険料を支払えば誰でも持つことが出来るという事は、どんな仕事でも持つことが出来ますし、無職でも持つことが出来るということです。在籍確認の審査の際に顕著ですが、健康保険証の種類によって、信頼度は異なってくるわけです。

消費者金融やクレジットカードなどに申込む際は必ず審査が行われます。最も重要な審査が在籍確認になります。この審査はどの金融機関でも必ず行われます。

金融業者側が、お金を貸すのに最も重視するのが「働いているかどうか」になります。それは返済ができるかどうか、になります。お金を借りる額にもよりますが、ほとんどの場合、借りたお金を分割で返済していきます。毎月、支払い可能な金額を返済していくわけですが、当然働いていない無職では返済していくことは不可能です。昔は在籍確認の審査を徹底していなかった為に、虚偽の申請をされ、結局毎月の返済が滞ることになってしまいました。最悪多重債務や自己破産で貸したお金が返ってこなくなってしまいます。

重要なのは、働いていて毎月必ず得られる給与があることで毎月の返済が無理なく出来るという至極簡単なことなんです。それが出来ますかということを確実に審査するためにあるのが在籍確認なんです。在籍確認の審査では健康保険証が証明書類として重要ですが、さらに在籍確認の審査を確実に行うのが電話連絡なんです。

在籍確認の審査は自己申告に頼らないところがあります。働いていると言っても確実な方法で確認は行われます。証明書類を用意しても、場合によってはより確実な方法で在籍を確認することが必要になります。そのために勤務先への直接の電話確認が行われます。

もし、会社を辞めたばかりで、社会保険証や社員証が手元にあったらどうなりますか?
辞めたばかりという事は、現在無職。そして今後いつ次の給料が入ってくるかわかりませんよね?その時点ではお金を借りることが出来ても、毎月の返済は厳しくなるのは目に見えてきます。例え転職先を探している状態だとしても、いつ見つかるのかわからない状態でも、返済は毎月あります。この状況はすでに金融事故です。すぐに返済ができなくなるのは目に見えてわかることです。お金を貸したほうが困るだけでなく、お金を貸してしまったがために、金融事故をお客さんに起こさせてしまったという事も言えます。これはどちらも不幸です。

そのような金融事故にしないためにも、そして利用されるお客さんを不幸にしないためにも、審査は必ず行われます。在籍確認の審査は確実に行われています。

大手消費者金融なら個人情報を第三者に漏らすことは決してありません。在籍確認の審査を行っても、そのせいで周囲の誰かに消費者金融を利用していることが知られるようなことは起こらないように充分配慮してくれます。以前は守秘義務に関しては消費者金融などは雑でしたが今は銀行傘下にありますので、サービスはしっかりしているので安心です。

このページの先頭へ