高額融資は年収が高ければ問題なく借りれる?

消費者金融の魅力のひとつは保証人や担保が必要ないことです。
借入れ希望額が50万円までの場合は収入証明書が不要というのも魅力です。

では、さらに高額の借入れを希望した場合はどうなるのでしょうか?

消費者金融などの金融機関では、総量規制が定められています。それにより、年収の3分の1までしか借入れができないことになっています。

住宅ローンや自動車ローンなどがある場合は年収の3分の1からさらに借入れ可能額が減らされるのか?

住宅ローンや自動車ローンなど銀行の各種専用ローン、またはクレジットカードのショッピングローンなどは、総量規制の対象にはなりません。例え、マンションのローンがあっても、他の金融機関でキャッシングをしていない限り、年収の3分の1の限度額は変わりません。

では、借入れ希望額が200万円なら年収600万であれば借入れ可能なのか?年収900万なら300万円借りれるのか?

基本的には、借りることは可能です。ですが、年収の3分の1をすべて借りることができない場合もあります。

それは、月々の支払い状況です

ローンをしているということは、月々の返済があるということです。高額融資になってくると審査でそこのところも問われることがあります。
毎月、ローンでいくら支払いをしているか、また家族構成から、子供にかかる負担がどれくらいあるかなど。年収に余裕があっても月々の支払いに余裕がなければ、融資は厳しくなります。

高額融資になるとになると返済期間も長くなります。その分、利息が増していきます。長くしたくないとなれば月々の返済額が多くなってしまいます。
ご自身の年収と支出のバランスをよく考えて利用するのが良いのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ