● アコムカード暗証番号の注意点

アコムカードローンの利用で気をつけなければならないもののひとつが暗証番号の管理です。

カードの暗証番号が本人以外に悪用されてしまうとご利用限度額すべてを引き出されてしまう恐れがあります。

もし銀行口座のキャッシカードが悪用されてしまうと預金が引き出されてしまいますが、これはプラスがゼロになる状態です。

しかし、カードローンの口座から引き出されてしまうと、ゼロがマイナスになってしまいます。

不正利用されたことが証明できない場合だと、借金を背負わされるtこもにもなり兼ねません。

それは家族や友人でも同様です。身近にいると油断してしまい、うっかり教えてしまう事もあるようです。

第三者に暗証番号を教えることは、アコム規約で被害補償の対象ではないようなので、本当に気をつけなければなりません。

すべてに同じパスワードや暗証番号を使うことでバレることもあるようです。

さらには銀行口座に対してもあるようですが銀行員や、カード会社、そして警察官を装い、何かしらの理由をつけて暗証番号を聞き出すような手口も報告されているようです。

電話窓口で暗証番号を聞き出すような行為はどの銀行もカード会社も警察官も決して行なっていないので気をつけるようにしましょう。

● 暗証番号の変更が必要な場合

財布の盗難、紛失ですぐに行動しなければならないのが、銀行のキャッシュカードやクレジットカードの停止です。

忘れてはならないのが、アコムのカードも停止、もしくは暗証番号の変更です。

財布には多くのカードと一緒に運転免許証があります。それでなにが危険かというと、暗証番号を生年月日にしているということ。

これは覚えやすい、または忘れないという理由から生年月日にしているようですが、これが最も危険で、暗証番号に生年月日を使用している場合、多くの金融機関では被害の補償をしないと決まっているようです。

つまり口座からお金を盗まれても補償としての補填は行わない理由が生年月日での暗証番号、ということになります。生年月日以外にもゾロ目や並び数字など。

暗証番号を聞きださずともすぐにバレてしまうような数字は絶対に避けるようにしなければなりません。

● すぐに変更すべき暗証番号の例

・ご自身の生年月日の組み合わせ
例えば昭和59年(1984)3月23日の場合では、
1984:0323:8403:5903:0023 など。

・自宅や携帯の電話番号、または住所の番地など。

・四桁の同数字、または並び数字など。

暗証番号の変更は、アコム店舗にあるアコムATMからカードを入れて「暗証番号の変更」ボタンを押す事で変更の手続きが始まります。

新しい暗証番号を2度入力して終了の後、カードが返却されると、新しい暗証番号での使用が可能になります。

またはアコムのフリーコールであるプッシュホンサービス24で対応してくれます。24時間対応なのはいざという時に助かりますね。

自動音声に従って行う方法なので安心です。「暗証番号の変更」を選択して行えば大丈夫です。

このページの先頭へ