病気でカードローンの返済ができない時の対処法と注意点

「カードローンを使っていたけど、病気で働けなくなってしまった」、ごく稀ですが起こりうる緊急事態です。

カードローンの返済が病気でできない時の対処方法と注意点について解説します。

・対処方法と注意点、その1)カードローン会社にすぐに連絡

対処方法としてカードローン会社にすぐに連絡する事をお勧めします。

カードローン会社は血も涙もない人たちではありません。

あなたが返済出来ないからと言って、家まで押しかけて取り立てするような事はしないので、緊張せずに連絡をするようにしましょう。

ほとんどの場合、病気が治ったら返済をするようにと言われますが、稀に月々の返済の減額や返済期間の延長措置を取ってくれます。

・対処方法と注意点、その2)今後の事を専門家に相談する

今後の事を考えると、病気で働けないのですから債務整理の専門家にお願いした方がいいでしょう。

収入がない状態なら比較的簡単に自己破産の免責が降りる可能性が高くなります。

カードローン業者としても、中ぶらりんの状態より、自己破産をしてくれた方が管理の手間がかからず喜ばれます。

・対処方法注意、その3)労災でも弁護士に相談

病気をすると気が滅入ってしまい、正常な判断をできなくなります。

あなたの病気が職場のストレスを起因としているものなら、弁護士への相談をするようにしましょう。

自己都合退職でなく、労災であるなら賠償金もとれ、失業保険もすぐにでます。

病気でカードローンの返済ができなくなった時は、恐れずカードローン業者に連絡するようにしましょう。

カードローン業者も慣れたもので、返せない人に無理に返せとは言いません。

キチンと相談すると解決案など出してくれる事もあります。

まずはフリーダイヤルにかけてみてください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ