消費者金融と銀行カードローンでよく比較されるのが金利についてです。

同じお金を借りるのに、金利の幅は全く異なります。少額で短期返済ならさほど違いは感じないかもしれませんが、高額融資で長期分割返済となると金利の違いは大きく影響してきます。

他にも消費者金融と銀行カードローンには利用する上で違いがありました。それは総量規制に関して、そして収入証明書類の提出に関してです。

金利と総量規制と収入証明書が、消費者金融よりもずっとお得であるとすれば、誰でも銀行カードローンを利用しようと考えるでしょう。

しかも最近では、消費者金融のサービスの特徴だった、30日間無利息サービスや来店不要で即日融資可能などを、銀行カードローンも取り入れるようになってきました。

これでは、銀行カードローンを選ぶ方が賢いと言えます。

しかし、法律で定められた総量規制の縛りを受けずに、お金を貸していると、いずれ過去の消費者金融のように、消費者の自己破産を助長してしまいかねないという懸念から、そろそろ銀行カードローンにも規制が入るのではないかと言われています。

年収の3分の1までしか借りることが出来ないという総量規制は、借りすぎを止める法律なので、ある意味、消費者を守る法律でもあります。しかし銀行に対しては年収の額に関係なく、いくらでも貸せることが出来ました。もちろん、しっかりとした審査を行なっています。

しかも総量規制により厳しくなった、専業主婦の方のキャッシングも、実は銀行カードローンでは30万円という上限はあるにせよ、融資が可能な銀行もあります。

消費者金融では無職である専業主婦の方は決してキャッシングすることはできませんから、これも銀行カードローンが有利になります。

これも今後は規制の対象になるのではと言われています。

また、消費者金融の場合では、50万円以上の借り入れ希望だと収入証明書の提出が必要ですが、銀行カードローンでは200万円、300万円と設定が高めなので、収入をまともに証明しなくても借りられることもありました。

これも同様に今後厳しくなるでしょう。

今年からは銀行では「即日融資」ができなくなり、これをキャッチコピーとして謳う事もできなくなりましたから、やはり消費者金融の方に軍配が上がっていくでしょう。

このページの先頭へ