スーパーホワイトはカードローン審査に通りにくいといった話を聞いたことは無いでしょうか。

スーパーホワイトはカードローン審査のみならず、クレジットカード審査などあらゆる信用取引審査に通りにくくなります。

何故スーパーホワイトは審査に通りにくいかについて解説します。

・スーパーホワイトとは

スーパーホワイトとは、信用情報機関に情報が一切記録されていない人の事を差します。

カードローン会社が使う信用情報機関はCICJSCCの2つあり、この2つから信用情報が取れない人をスーパーホワイトと呼びます。

基本的には、クレジットカード、消費者金融キャッシング、銀行カードローン、携帯電話の分割購入などを利用したことがない方のことを言います。

それ以外だと、信用情報機関の情報は5年をめどに消えますので、スーパーホワイトになっている人は過去5年間、一切キャッシングやクレジットカードを持っていない事になります。

・何故スーパーホワイトだと審査に通らない?

一見すると借金やクレジットカードが嫌いな人に見えるスーパーホワイトですが、カードローン業者側から見ると違うように見えます。

それは、自己破産などの債務整理を行った人と、全く同じ信用情報機関の記録になるためです。

債務整理を行った人は5年間、借金等の信用取引は制限される為、5年後の喪が明けた状態ではスーパーホワイトと同じ状態になります。

20代前半ならクレジットカードすら持たないのは普通かと思われますが、ある程度年齢を重ねているのにスーパーホワイトだと、自己破産者ではないかと怪しまれ、審査に通らないのです。

スーパーホワイトで審査に通らない場合は、審査の緩い量販店のクレジットカードを作る事から始めてみるといいでしょう。

一からクレヒスを作る事により、カードローンなどの審査に通るようになります。

このページの先頭へ