CRIN(クリン)やFINE(ファイン)が情報を共有?審査への影響とは?

CRIN(クリン)とFINE(ファイン)、どちらも信用情報機関同士が情報を提供しあうネットワークですが、この2つが情報を共有するって知っていますか?

CRIN(クリン)とFINE(ファイン)が提供しあう情報と審査への影響について解説します。

・ズバリ、CRINとFINEが提供するのは異動情報

FINE(ファイン)は信用情報機関3社が情報を共有しています。

このFINE(ファイン)で共有されるのは異動情報だけです。

例えばJICCやCICなどの信用情報機関が持つ普通の情報は共有されません。

JICCは消費者金融、CICはクレジットカード会社が主なので、銀行が中心のKSCとは法律が違い、共有する必要がないからです。

・ CRINとFINEは別物?

CRIN(クリン)とFINE(ファイン)を似たようなものと考える人が居ますが、この2つは目的が違います。

CRIN(クリン)は消費者金融とクレジットカード会社が総量規制を正確に守るために情報が繋がるシステムです。

FINE(ファイン)は前述した通り、金融事故を起こした人にこれ以上の貸し付けを自制する目的で作られています。

目的が違うのですから、当然共有されるのは情報も違います。

・CRINとFINEが与える審査への影響

CRIN(クリン)とFINE(ファイン)は情報提供していますので、当然一社金融事故を起こすと他の業種の垣根を越えて審査に通らなくなります。

昔は『銀行で金融事故を起こしても、クレジットカード会社や消費者金融はわからない』と言われていましたが、FINE(ファイン)システムによってそんな事は無くなりました。

今では1社事故ると、立て続けに審査に影響を与えます。

CRIN(クリン)とFINE(ファイン)システムができて、多重債務者は少なくなっているようです。

情報共有されないように、金融事故は起こさないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ