ファクタリングって何?経営者として知ってくべき資金調達と注意点

経営者の中にはファクタリングを考えた人もいるでしょう。

ファクタリングは経営者が知っておかなければいけない資金調達です。

ファクタリングの基礎と、注意点について解説します。

・ファクタリングの基礎、ファクタリングって何?

ファクタリングとは売掛け債権を買い取ってもらう金融サービスを言います。

回収不能の売掛け債権や資金繰りに困った時、売掛け債権を買い取ってもらうことにより当面の運転資金を確保することがファクタリングです。

・ファクタリングの注意点

ファクタリングを利用する場合、売掛け債権を譲渡したことを売掛け債権を行なった企業に通知しなければいけません。

通知しないでいい方法もありますが、残念ながらファクタリング会社が中小企業になるため、信頼性が乏しいといった事が原因で普及していないのです。

売掛け債権を売ったという事が取引先にバレると、資金繰りに苦しんでいる危ない企業という印象を与えてしまうので注意しなくてはいけません。

・ファクタリングの注意点2、通知しないサービスは手数料が高い

中小企業でいいから、通知しないで売掛け債権をファクタリングしたいと考えるかもしれません。

押さえておきたい注意点として手数料があります。

通知するファクタリングの手数料は1%から5%に対し、通知しないファクタリングは10%から20%の手数料がとられます。

ファクタリングの資金回収は1か月程度ですので、継続的にファクタリングをすると、慢性的な資金不足に陥ってしまうでしょう。

ファクタリングで資金調達をする時は、注意点をよく把握して行いましょう。

カードローンに頼れるのであれば、アコムなどのビジネス用カードローンに頼った方が金利的にも安くなります。

ファクタリングは資金繰りを良く考えながら行なってください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ