アコムの借入残高、返済時に1000円未満の端数・小銭が発生して煩わしいと思っていませんか。

またしばらく利用していないアコムのカードローンをそのまま放置しておくとどうなるか心配の方もいらっしゃると思います。

アコムの気になる端数処理と解約手続きについての方法を解説します。

・ズバリ三菱UFJ銀行のATMなら端数・小銭も入金可能

三菱UFJ銀行のATMは優秀で、小銭でも入金できる様に対応しています。

端数・小銭の処理を行いたいのであれば、三菱UFJ銀行のATMか、振込返済を利用しましょう。

・端数・小銭に利息はかからない

アコムの場合、借入残高が1000円未満になった場合、返済日までに端数・小銭の返済は行わなくてよく、利息も発生しません。

今後使う予定があるのであれば、そのまま放置してもいいのです。

・解約には端数・小銭の完全完済が必要

解約をする際は、完全完済を行ってからコールセンターに連絡する必要があります。

ATMや振込返済で端数・小銭の返済を行ってから解約手続きに移りましょう。

・解約を行うと

端数・小銭処理までして解約をしてもいい事があるのかと疑問を抱く人もいます。

解約を行うといい点は、他のカードローン・キャッシングの審査に通りやすくなるのです。

使わないカードも審査に影響しますので、アコムのカードをメインで使う予定が無いなら解約するといいでしょう。

端数・小銭はコンビニATMでは行う事ができません。

ちょっと手続きは面倒くさいですが、使わないキャッシングカードは悪い影響を与えますので、解約のためにも端数・小銭処理を行ってください。これを行う事により新規カードの利用可能額の上限が高くなるケースもありますから是非おすすめです。

このページの先頭へ