家賃が払えない場合、保証会社が取る気になる行動と注意点とは?

保証会社というのをご存知でしょうか?

賃貸の契約を行うのに、最近では保証会社というものを利用することが多くなりました。

賃貸契約を結ぶほとんどの場合は保証人が必要でした。ですが最近では保証会社を立てることで賃貸契約ができるようになっています。

ですが、家賃が払えないと、保証会社はどんな行動をとるのだろうと気になりませんか。

保証会社は家賃が払えない場合、何らかの行動を起こします。

保証会社の行動と注意点について解説します。

・家賃が払えない場合の保証会社の行動

家賃保証を行っている保証会社の場合、あなたが家賃を払えない時に大家さんに代わりに払う事になります。

保証会社が払ってくれるのだから、ラッキーと思ってはいけません。

家賃を支払う相手は大家さんから保証会社に移行しただけですので、払うべき家賃は消滅していません。

・長期延滞の場合は保証会社が強制退去に踏み切る

1か月程度の滞納なら大目に見てもらえるかもしれませんが、2~3か月滞納すると契約を打ちられる可能性もあります。

その場合はある程度の期間を経て、引っ越ししなければいけません。

鍵を変える等、強硬姿勢をとる保証会社も存在しますので注意しなければいけません。

・保証会社によってブラックリストに登録される?!

家賃滞納はブラックリスト対象外と思ってセーフと考えていませんか。

保証会社によっては信販系の保証会社があり、信用情報機関の会員になっている場合があります。この場合だと色々なローンに影響するケースも出てきますから気を付けなくてはなりません。

この家賃滞納をブラックリスト登録とする場合がありますので、注意しなければいけません。

そして家賃滞納は保証会社が厳しい措置をとる場合があります。

注意点に気を付けて、滞納は出来る限り早く解消しましょう。大家さんと話ができる場合は逃げるのではなく自ら事情を説明していつまでに支払えるという意思を明確にしておけばブラックリスト登録は回避できるかもしれません。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ