カードローンの申し込みを行って落ちてしまった、という場合、もう一度申し込んですぐに受かるということはありませんし、落ちてからすぐに審査を受けることを禁止している会社もあります。

しかし二度と審査に通らないということでもありません。

カードローンの審査について、具体的にどのような基準で行っているかやどのような評価がされたかは公開されません。

これは審査に落ちた場合も同様で、審査でなぜ落ちてしまったかといったことは公開されませんし問い合わせても教えてくれることはないです。

ですから明確なことは言えませんが、収入が増えたり転職で安定した仕事に就いたなどで現状が変われば審査に落とす理由はないので審査に受かる可能性があります。

ただし会社によっては、二度目の申し込みは半年程度受け付けないということがあります。

これは信用情報に申込に関する記録が半年残っているということが理由です。

また実際問題として返済能力である収入などを改善しようと思うと、半年から1年は時間が必要になるので、その程度の時間を開けるとともに現在行っている借金の整理や収入を増やすなどの行為を行うことをお勧めします。

このように審査に確実に審査に落ちるということはありませんが、過去に滞納などの問題を起こして信用情報機関に履歴として記載されている場合は5年以上記録が保管されるのですぐに受かるのは厳しいでしょう。

先に書いたように落ちる理由などは公開されないので、一年以上間を開けたからといって確実に通るということはありませんし、急いでいる場合はそこまで待つことはできないので、ほかの会社を選ぶことも考えてみましょう。

このページの先頭へ