肉親が亡くなった場合に自治体または国からお金が貰えるというのは本当?

家族など肉親が亡くなった時に自治体や国からお金を貰える制度がある事をご存知ですか。

いざと言う時に心強い、自治体や国からお金を貰える制度について解説します。

・国保から葬祭費等が支払われる

国民健康保険加入者が亡くなった場合、国保から3~7万円の葬祭費等が支払われます。

金額は自治体によって様々ですが、家族が亡くなって混乱している時に貰えるというのは頼もしくなります。

葬儀にはなにかとお金はかかってしまいます。その為のお金を遺していてくれれば助かるかもしれませんが、不意に亡くなってしまった場合は全く用意していない事も多いと思います。その為に利用すべき制度になります。しかし、葬式を行わなかった場合は貰えない事もあります。

家族が亡くなったら、どの様な制度が自治体にあるのか調べてみるといいでしょう。

・社会保険にも同じ制度がある

会社員は社会保険に加入していて、厳密には国や自治体とは違いますが同じような制度があります。

社会保険に加入している当事者が亡くなった場合は埋葬料、扶養されている人が亡くなった場合は家族埋葬料が支払われます。

一番多くの企業が加入している協会けんぽでは5万円のお金が支払われます。

加入をしている最中に亡くなる事が条件となりますので、国民健康保険に切り替える前に忘れずに手続きを行うようにしましょう。

家族が無くなると、色々と気持ちが落ち込み手続きを忘れがちになりますが、折角の国や自治体からお金をもらえる制度ですから利用するようにしましょう。

葬式などの催事には色々とお金が多く発生します。病気の場合、少しでも長く生きていてほしいという気持ちから、葬儀の事を考えないようにしたいという気持ちもよくわかりますが、やはり準備をしていないと予想以上にお金がかかってしまう事実に直面します。

または突然の死というものもあります。どちらにしろ葬儀には費用がかかります。お金が無いから借金に頼る事を安易に考えるより制度を利用する事を知っておいた方が良いでしょう。

いざと言う時に本当に助かる制度なので忘れないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ