カードローンの完済証明書の発行方法はどうすればいい?

住宅ローンを組むときなど、カードローンの完済証明書を求められることがあります。

銀行で高額ローンの申し込みの場合は、金融業者からの借り入れが審査にとても影響します。ですので利用履歴を調べられますが、返済が終わっていてもその証明が必要となる場合があります。

完済証明書はどのように発行すればいいのか、解説していきましょう。

・まずは完済する

完済証明書はカードローンの完済を行わなければ発行されません。

まずは借りている金額の全てを完済しましょう。

ATMからだと1000円未満の端数が残るカードローンが多くあります。

ATMから端数を完済できないので、フリーダイヤルに電話をして振込や引き落としの方法を確認しましょう。

・完済証明書はフリーダイヤルで請求

完済証明書はフリーダイヤルで請求する必要があります。

端数を返済するときに電話が必要になりますので、電話を掛けたついでに完済証明書の依頼をかければ手間がかからないでしょう。

・完済証明書の発行は会員ページから受け付けてない

会員ページから完済証明書が請求できれば便利なのですが、ほとんどのカードローン業者で完済証明書は会員ページから発行依頼を受け付けていません。

カードローン業者にとって、完済証明書を発行することは、稼働口座数の減少に繋がるため喜ばしいことではないからです。

完済証明書が欲しい場合は、会員ページからではなくフリーダイヤルに電話しましょう。

完済証明書はカードローンを完済した重要な証明になります。

住宅ローンや教育ローンを組むときに、審査で必要になる場合もある大切な書類です。

完済を行うついでにフリーダイヤルに電話して貰っておくといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ