消費者金融での借入審査はどうなる?2019年審査難易度予想!

2019年の消費者金融借り入れ審査難易度は気になるところだと思います。

新しい年の審査難易度がどうなるのか、大胆予想をしてみましょう。

・今年の借り入れ審査は?

まずは今年の借り入れ審査について振り返ってみましょう。

審査においての成約率を公表しているのは、アコム、プロミス、アイフルの3社になります。

3社の2018年4月~9月の成約率を比べてみると、

アコム 4~9月の平均 43.8%
プロミス 4~9月の平均 46.05%
アイフル 4~9月の平均 46.2%
となっています。

・今年の審査難易度に大きな変化が

今年の審査難易度は、アイフルとプロミスが良く、アコムがちょっと劣るような結果になっています。

実はこれは今までの傾向と違います。

2017年以前はアイフルとアコムの審査通過率は高く、プロミスが劣っていましたが、2018年に入りプロミスとアコムの差が逆転した兆候が見られるのです。

・審査難易度の2019年ねらい目は

審査難易度から見る2019年のねらい目は、アイフルかプロミスを選択するといいでしょう。

アコムは前年同期比で大きく下がっていますので、審査の傾向を変えたのかもしれません。

審査が難しくなっている可能性があるので、特別な理由がないならアコムは避けた方が無難です。

サービス面でもアコムはプロミスやアイフルに差を付けられつつあります。

成約率からみる審査難易度はアイフルとプロミスが簡単そうです。

2019年の消費者金融の借り入れ、アイフルとプロミスを選択してみてください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ