貸付金制度で会社からお金を借りる場合の気をつけたいこととは?

勤務先である会社からお金を借りる貸付金制度というものがあります。知らなかったという方もいらっしゃるかもしれません。

福利厚生のひとつとして貸付金制度があるので別にやましいことではありません。困った時に利用してもらうためにあります。

しかし貸付金制度には知られざる、リスクが存在するのです。リスクを知らないで利用することは出来ることなら避けたほうが良いでしょう。

貸付金制度を使う際の注意点について解説します。

・貸付金制度で借りられるもの

貸付金制度は会社の福利厚生です。

総務部に問い合わせたら、そのような制度があるか教えてくれるでしょう。

入院で緊急的にお金が必要。自宅に空き巣に入られた、結婚するのでお金がかかるといった時など理由がある時に使えます。

・プライバシーが無い所に注意

貸付金制度は会社の福利厚生です。

貸付金制度には一般的に支払った証跡を求められます。

ギャンブルで作った借金を借り換えしたいなどには向きません。

また、企業としても貸したお金を返さないうちに辞められると困るので、貸付金制度を利用できる人には一定の勤続年数が求められます。

・ブラック企業を辞められなくなる所に注意

貸付金制度は会社の福利厚生です。

貸付金制度の恐ろしいところは、会社に借金をしていることを負い目にして辞めにくくなるところです。

会社を辞めたいけれども貸付金制度を利用しているから辞めるなと言われる事も。あるいは昇進の査定などに影響する場合もあるでしょう。

ブラック企業に勤めていても時間的な損失が発生してしまいますので、カードローンを利用したほうが得になる事があります。

貸付金制度は便利な面がありますが、注意点も沢山あります。

カードローンを利用したほうがお手軽で簡単な面もありますし、精神的にも楽な部分もありますから良く考えて利用するようにしてください。

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ