住民基本台帳カードでキャッシングできる?カードローン審査で重要な書類とは。

本人確認書類で住民基本台帳カードをつかって、カードローン審査を通過できるのでしょうか。

身分証明書類というのは主に運転免許証、パスポート、そして健康保険証となります。しかし、事情によりそのような身分証明書を用意できないというかたもいらっしゃいます。免許を持っていない方、パスポートを持っていない方など。

住民基本台帳カードでお金を借りる事が出来るのか、カードローン審査で重要な書類について解説します。

・住民基本台帳カードが使えるのは限られた金融機関

住民基本台帳カードは公的な証明書としてなりうるのですが、近年はカードローン事業者側で本人確認をきちんと行いたいと観点から、住民基本台帳カードを本人確認書類として受け入れてくれる会社と受け入れない会社があります。

住民基本台帳カードを受け入れる会社でも、住民基本台帳カード以外に住所を確認できる証明書を求めるなど対応はまちまちの様です。

先ずは申し込もうとしているカードローン事業者が住民基本台帳カードを使えるのかについて調べるといいでしょう。

・住民基本台帳カード以外の顔写真付き本人確認書類

住民基本台帳カードを何故本人確認書類として受け入れない業者がいるのでしょうか。

理由は住民基本台帳カードでは顔写真が載っていない為、顔写真付きの本人確認書類を求めている為です。

免許証が無い人は、パスポートや顔写真付きマイナンバーカードが利用できないか確認してみるといいでしょう。

住民基本台帳カードはマイナンバー制度が導入されてから、制度として微妙な立ち位置になっています。

無理して住民基本台帳カードを作りに行くよりも、マイナンバーカードを作った方が楽な事もありますので、顔写真付きのマイナンバーカードを作成するといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ