公務員でもカードローンの審査に落ちる5つの原因と審査に落ちた場合の対処法

公務員の人はカードローン審査が得意とされています。

にもかかわらず公務員なのに審査に落ちるのは、何らかの原因があると言えるでしょう。

公務員なのに審査に落ちる5つの原因と、対処方法について解説します。

・公務員なのにカードローン審査に落ちる5つの原因

公務員なのにカードローン審査に落ちるので考えられるのは以下の5つ原因になります。
(1) ブラックリストに載っている
(2) ギャンブル資金など、用途が不適切
(3) 借入先件数や借入総額が多すぎる
(4) そもそも総量規制一杯まで借りている
(5) 思わぬ所で滞納していて気付かない内にブラック

ブラックリストに載っていると公務員であっても審査に通りません。

借入理由を『ギャンブルです!』とか言う不真面目な人もダメです。

借入先件数や借入総額は資金ショートを起こす事を判断する大切な項目です。件数が多いと審査に通りません。

総量規制一杯まで借りていると、公務員でも融資は断られます。

携帯電話料金滞納など、思わぬ事でブラック登録されていることもあるので、身に覚えがないなら、信用情報機関のチェックをしましょう。

・公務員なのにカードローン審査に落ちた時の対処方法

公務員なのにカードローン審査に落ちた時は、自分の状態を見直す必要があります。

ブラックに登録されている人だと大手消費者金融は通過しないので、中小消費者金融を狙うようにしましょう。

借入総額は中々減らせないでしょうから、残高が少ない所を完済したり一社にまとめたりして、借入先件数を何とかしてください。

公務員なので改善ができれば、審査に通過する可能性は増して行きます。

公務員は普通の状態であるなら審査に有利です。

落ちるのは必ず何らかの原因があります。

原因を解消して、カードローン審査に通過してください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ