消費者金融のカードローン審査、勤務先に固定電話なしでも借りれる?

カードローンの審査には在籍確認があります。この在籍確認は固定電話でないとダメという噂があります。

果たして、この噂は本当なのでしょうか?

■勤務先に固定電話がないと審査ができない!?

結論から言いますと審査自体は可能です。

しかし、勤務先に固定電話がないと在籍確認ができないため、審査落ちになる可能性が高いです。

なぜ固定電話が必要なのかというと、携帯電話では本当に申告した職場に在籍しているのかを判断するのが難しいからです。

携帯電話での在籍確認を認めてしまうと、虚偽の申告が通ってしまう可能性が高まります。

そのため、無職の人にお金を貸してしまう危険性が上がってしまうのです。

こうした理由から、在籍確認は会社の固定電話のみとなっているんですね。

■消費者金融では在籍確認の電話を書類提出にしてもらえるが・・・

大手の消費者金融であれば、在籍確認を電話ではなく書類提出に変更してもらえることがあります。

勤め先を確認できる書類(例えば、健康保険証や社員証など)を提出することで、在籍確認として認めてもらえる場合もあります。

とはいえ、勤務先の情報を申告する際に会社の電話番号が必要になります。この場合も審査の段階で勤務先の固定電話番号が必要になるケースが多いです。

■結論!勤務先に固定電話がないとカードローンの利用は厳しい

ここまで解説してきたように、勤務先に固定電話がないとカードローンの審査に通るのは難しくなります。

自宅の電話番号は携帯電話のみでもOKですが、勤務先の電話番号は固定電話のものでないと認められないケースが多いんですね。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ