借金や破産歴ありブラックでも公営住宅・公社・UR賃貸に住める?

公営住宅・公社・UR賃貸は家賃も安くお金が少ない人には嬉しい物件ですが、いわゆるブラックリストに載っていると入居できるか不安になるのではないでしょうか。

公営住宅・公社・UR賃貸は借金や破産歴ありのブラックでも入居できるかについてお話します。

・公営住宅・公社・UR賃貸、審査に通らないのは公社住宅

公営住宅・公社・UR賃貸で破産歴のあるブラックの人が審査に落ちる理由は、保証会社を付けなければいけないか否かです。

保証会社はあまり知られていませんが、信用情報機関の会員になっており、その情報をみて保証会社として保証するか判断します。

ブラック情報が載っていると、保証会社が保証をしてくれないのでその物件との契約が出来なくなる訳です。

基本的に賃貸物件に住みたい場合は保証人が必要になります。保証人を立てられないと契約ができないので住むことができません。ですが最近では保証人を立てることができない事情を持つ方も増えてきてるので保証人の代わりになってくれる保証会社というものがありますし、最初から保証会社がセットになっている賃貸物件もあります。

公営住宅の場合も保証会社が必要になりますが、公営住宅は元々困窮している人の為の住宅ですので破産歴があっても穏便に済ませてくれる事が多くあります。

UR賃貸には保証会社は必要ありません。

・保証人が見つかる場合は公営住宅・公社・UR賃貸全て住める

保証会社は破産歴がありブラックリストに載っている状態では中々保証を付けてくれませんが、連帯保証人を見つけられる場合は保証会社に頼まなくてもいい事があります。

物件の大家が許すのであれば、保証会社に代わって連帯保証人で代替すること簿可能です。

まずは不動産屋に相談してみるといいでしょう。

借金を返すためには家賃の節約は重要です。

公営住宅・公社・UR賃貸のうち、公営住宅は要件が厳しいものの、家賃はとても低くリーズナブルです。

借金を返すために住み替えを検討してみてもいいでしょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ