消費者金融の利用は興信所で調べられたらバレてしまうの?

結婚などで相手方に消費者金融の利用がバレたりしないか、不安な人も居るのではないでしょうか。

最近は興信所が優秀なので、何らかの方法でバレてしまいそうな気がします。

消費者金融の利用は興信所を使えばバレるのかについて解説します。

・信用情報機関から情報を引き出すのは無理

興信所が信用情報機関に記録されている、あなたの情報にアクセスしてバレるパターンが考えられますが、この可能性はありえません。

信用情報機関の情報は会員になっている金融機関の限られた社員しかアクセス出来ません。

更にアクセス記録も残りますので、金融機関の社員にツテを持ち、情報を抜き出す事も出来ません。

正規の情報開示には本人が行う必要がありますので、興信所と言えども信用情報機関から情報を引き出すのは無理でしょう。

・明細もWEB確認にしておけば、バレない

一番バレそうなのは、郵便物から借入がバレるパターンですが、最近のカードローンは明細をWEBで確認する形式が増えています。
郵送物でバレる可能性もないでしょう。

延滞を続けていると、督促のハガキが届きますので、それを契機にバレる事もあります。

基本的には興信所を使っても、消費者金融の利用はバレる事はありません。

利用の際に、誰かにバレたらといった心配は杞憂に終わりますので、安心して利用をして下さい。

但し、自己破産だけは例外です。自己破産をすると自分の名前が官報に掲載されてしまうので、何かしらの履歴に残ってもおかしくありません。自己破産をした場合はバレる可能性もあるかも?くらいに覚悟しておく必要もありそうです。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ