年金担保融資には2種類あるって本当?消費者金融の返済にも使える?

年金担保融資というのをご存知ですか。

収入が年金しかない人に対して、公的機関が貸し付ける制度です。

この年金担保融資は2種類にわかれています。

年金担保融資の2種類を解説するとともに、消費者金融への返済に充てる事は可能かについて解説します。

・年金担保融資の種類、年金担保貸付と労災年金担保貸付

年金担保融資を行う福祉医療機構が提供しているサービスは、年金担保貸付と労災年金担保貸付にわかれます。

福祉医療機構は主に会社員が加入していた年金を担保に融資を目的としているのです。

それぞれで適用条件や金利が少し違うのが年金担保融資の特徴。

お持ちの年金によって、種類をわけています。

どちらも低利で、年金担保貸付は1.9%、労災年金担保貸付は1.2%になっています。

・年金担保貸付の種類、恩給・災害補償年金担保融資と共済年金・厚生年金担保融資

恩給・災害補償年金担保融資と共済年金・厚生年金担保融資は日本政策金融公庫が公務員で働いていた人に対して行う年金担保融資です。

普通の会社員で働いていた人は、この制度は使えません。

恩給・災害補償年金担保融資は年0.31%、共済年金・厚生年金担保融資は年1.81%とちょっとお得です。

公務員特権と言えるかもしれません。

・年金担保貸付を消費者金融の返済に充てられる?

気になる年金担保貸付ですが、消費者金融の返済に充てる事が可能です。

金利は消費者金融よりダントツに安くなります。

借り換えを行えるなら、行なった方がいいでしょう。

年金担保貸付は年金受給者がお金に困った時、使える制度です。

ギャンブルに使う場合は利用できませんので、適切な利用を心がけてくださいね。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ