日本の借金は世界一多いって本当?財政破綻しない理由と借金の歴史

日本の借金は世界一多いという話しを聞いたことがありますでしょうか。

一方で借金が多いのに財政破たんをしないというのも日本の特徴です。よくニュースなどで国の借金が大幅に増え、国民一人当たりでは800万前後となっていると言われています。実際には数字のカラクリがあるようですが。

日本の借金が世界一多いのに財政破たんしない理由と借金の歴史について解説します。

・借金を超える資産がある

日本は何故借金が多いのに財政破たんしないのか、それは借金があるけれどもそれ以上に資産を持っている為です。

日本は昔から車などの輸出物が輸入物より多い歴史があり、輸出競争力を高める為に自国の通貨を安くコントロールしてきました。

コントロールをする手法として一般的なのは、自国の通貨を政府が売り、外貨を購入する方法です。

政府にそんなお金はありませんから、政府は借金を行って円の資金を調達し、外貨を購入しています。

購入した外貨は金融資産となり金利が入ってきます。

日本は借金が多いと言っても金融資産も多いので財政破たんはしないのです。

・いざとなったら中央銀行に引き取らせる

ギリシャ危機などで国家としての財政破たんがニュースとなりましたが、日本が同じように財政破たんするかと言うと、これは完全にNOと言えます。

というのも日本はギリシャと違い、中央銀行を国内でコントロールしている(ギリシャはECBで他国と共同でコントロール)している為です。

財政破たんをするほどの金利上昇やお金が足りなくなるほど日本の国債が信用を無くす状態に陥った時、中央銀行が資金を無限に刷って国債を購入することで財政破たんを切り抜ける事が出来ます。

借金がどんなに多くても、日本という国家は資産があり中央銀行がある限り、混乱することはあっても財政破たんは起こりえません。

日本の借金は世界一多いと言われていますが、資産と負債をネッティングした金額ではとてもお金持ちの国です。

テレビニュースなどで財政破たんと言う言葉が出ても気にしないといいでしょう。不安を煽るのも新聞やマスコミのやり方です。借金が多いから、さらには増税しないと日本が滅んでしまうというニュースも大袈裟なデマとも言われています。

個人レベルの不安になると、銀行が万が一破綻してしまった場合の補償が1つの銀行口座1000万までとなっている為、資産が豊富にある方であれば細かく銀行を分けて預金をしてる方も多いでしょう。

確かにそれも安心の方法ですが、ゆうちょ銀行やみずほ銀行等が破綻するような事があれば日本も終わりです。そんなことは私たちが生きてる間は少なくともあり得ないでしょう。ですから、あまり神経質になる必要はなさそうです。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ