ノンバンクって言われても、何のことかわからない時ありませんか。

ノンバンク系カードローンと言われると、バンク(銀行)なのか何なのか益々混乱してしまいます。

ノンバンクとは何か、ノンバンク系カードローンと銀行カードローンの違いについても解説します。

・ノンバンクとは

ノンバンクとはその名の通り、ノン(~でない)バンク(銀行)の意味ですので、銀行でない業態のことを指します。

古くは銀行以外お金を貸す業務を認められていなかったので、お金を貸す企業はみんな銀行でした。

ところが現在は消費者金融、信販会社、リース会社など様々な業態が誕生したことにより、ノンバンク企業が増えています。

銀行以外のお金を貸す企業をノンバンクと言います。

・ノンバンク系カードローンとは

ノンバンクカードローンとは、銀行でないカードローンの事を指します。

つまり、消費者金融やクレジットカードのカードローンのことをノンバンク系カードローンと言います。

カードの聞こえをよくするためにあえて、『ノンバンク』という言葉を使い、サラ金、金貸しといったイメージを消している訳です。

・銀行カードローンとは

銀行カードローンは銀行が融資を行うカードローンの事を言います。
ノンバンクカードローンは貸金業法が該当法律になるのに対し、銀行カードローンは銀行法が適用されています。

そのため、銀行カードローンには総量規制や金利上限などのルールがありません。

ノンバンク系カードローンと銀行カードローンは全然違うカードローンになります。

金利が安いのは銀行カードローン、審査に通りやすいのはノンバンク系カードローンになります。

用途に合わせて使い分けましょう。

このページの先頭へ