NTTの光回線の支払い滞納で契約解除された場合のブラックリスト掲載について

NTTの光回線の支払い滞納をするとブラックリストに掲載されてしまうのでましょうか。

NTTは電話会社なので、信用情報機関とは関係ない気がしますが、携帯電話などは支払いを滞納した場合に信用情報機関に未払いの履歴が残るといわれています。

携帯電話の場合は通話料とは別に携帯本体の分割払いを毎月行っているので契約をする際に信販会社が関わってきます。ではNTTの光回線も信販会社が関わってくるのはなぜでしょう?

NTT光回線の支払い滞納をした時のブラックリスト掲載について解説します。

・NTT光回線、徴収者はNTTファイナンス

NTTの光回線の料金はNTTファイナンスという別会社が手数料を徴収しています。

NTTの光回線自体が徴収しているわけではありません。

NTTの光回線の契約解除が行われるまでは3ヶ月程度滞納をした場合ですが、クレジットカードやキャッシングであれば、3ヶ月の滞納だとブラックリストに掲載されてしまいます。

・NTTの光回線はサービスに対する支払いなのでブラックリストとは関係ない

NTTはキャッシングなど信用を使う契約ではなく、毎月のサービスに対する支払いですので信用情報機関とは関係ないため、例え滞納したとしてもブラックリスト掲載には到りません。

ただし、ルーターなどを購入して分割払いを行っているといった特殊な契約になっている場合は、ルーター部分は信販契約になっていますのでブラックリストに掲載されてしまいます。

・クレジットカード支払いにしていればブラックリストに

NTT光回線の支払いをクレジットカード支払いにしていた場合、クレジットカード会社への延滞が発生していますのでブラックリストに掲載されます。

掲載されないのは料金引き落としにしている場合だけです。

NTT光回線の支払いはそのままなら延滞しても、ブラックリスト掲載には到りません。

ただし悪質な場合、そして約形態によってはブラックリスト掲載されますので、延滞は行わないようにしてください。

いずれにしても延滞は自分の信用情報に影響があります。掲載されるもの、されないもの色々ありますが、どうしても支払いができない場合は自ら連絡をして事情を説明するほうが実は待ってくれるケースもあるのでなるべく放置はやめておきましょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ