アメリカにも消費者金融?年利がトンデモナイ?規制の求められるペイデイローンについて

日本の貸金業者の金利は20%そこそこもとるから高いって感じていませんか?

そんな人はアメリカの金利390%のペイデイローンのことを知ると、ビックリすると思います。

アメリカのペイデンローンについて解説します。

・ペイデイローンは次の給料の差し押さえ

アメリカはクレジットカード社会ですが、そんなクレジットカードが使えなくなった人はペイデイローンを利用します。

ペイデイローンは月二回給料があるアメリカで、2週間後の給料日に利子を返していくローンです。

給料を担保にしているので、業者にとってはリスクが抑えられる取引になりますが、金利はとても高いのです。

・利息制限は10%台だか

アメリカの利息制限は州法によって10%台になっています。

にもかかわらずペイデイローンは高利な貸付を続ける事が可能です。

これはペイデイローンが貸し付け時に貸付金額に加えて商品券を付ける事により、法律を別のものに適用する形をとっている為です。

何だか金貨を貸し付けるヤミ金に似ていますね。

ペイデイローンは日本でいうヤミ金と言えるのかもしれません

・ペイデイローンは規制される?

この色々きな臭いペイデイローンですが、何故か中々規制されません。

自由の国アメリカらしく、高い金利で借りるのは個人の自由とされている為です。

給料が差し押さえられ、貧乏な人は貧乏なままになるのですが、借りられないともっと悲惨な事になるので中々規制がされないというのが現状です。

クレジットカード文化のアメリカでは、信用が無くなるのは日本の非ではありません。

バカ高いと理解していても、ペイデイローンに頼らないといけない現状があるようです。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ